カテゴリー別アーカイブ: 研究

30、40代「貯金ゼロ」が23% SMBCの金銭感覚調査 – 毎日新聞

SMBCコンシューマーファイナンスは6日、30~40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が前年比6ポイント増の23.1%になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の…

引用元の詳しい内容はこちら

30、40代「貯金ゼロ」が23% SMBCの金銭感覚調査 – 毎日新聞

SMBCコンシューマーファイナンスは6日、30~40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が前年比6ポイント増の23.1%になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の…

引用元の詳しい内容はこちら

スコット・サムナー「そりゃクルーグマンもイラつくよMMTさん」 — 経済学101

Scott Sumner “As I predicted” The Money Illusion, March 1st, 2019 MMT派の有名人ステファニー・ケルトンがクルーグマンのいくつかの質問に対して答えた記事を今朝読んだが,この記事を読んだらクルーグマンは髪をかきむしるほどいらだつだろうと予想した。というのも,彼女の回答はまったくどうしようもないもので,…

引用元の詳しい内容はこちら

ヘッジファンドの「秘密の投資レシピ」、個人に売ります:日経ビジネス電子版

これまで金融業界で一部のプロのみが駆使してきたアルゴリズム取引。高度な金融工学を活用し、膨大な市場データをコンピューターで分析。高いリターンを生み出してきた。このアルゴリズム取引を、経験の少ない個人投資家でも簡単に利用出来るサービスがにわかに注目を集め始めている。 AI活用型 TOPIX運用(絶対収益追求…

引用元の詳しい内容はこちら

ゴールドマンのストラテジスト、次の危機で1ドル=60円の円高を予想 – Bloomberg

年初来の世界的な株価の回復と少なくとも数四半期でリセッション(景気後退)懸念が後退しそうな情勢のため、次の危機への備えは今のところ多くの市場関係者にとって最大の関心事ではない。しかしゴールドマン・サックス・グループのストラテジスト、ベルンハルト・ジメルカ氏は対策を立てている。 欧州金利市場の戦略責…

引用元の詳しい内容はこちら

LINEの利用価値300万円? GDPに表れぬ豊かさ  :日本経済新聞

「いくらもらえたらLINEを1年間やめますか」。2018年春の卒業論文をまとめるため、金堂茉倫さんは東大在学中、約1200人に質問をぶつけた。日本だけで7900万人(18年末)に上る利用者に無料でメッセージのやりとりや通話を提供するLINE。値段のないサービスをお金に換算したらいくらになるのか知りたかった。 結果は「1人…

引用元の詳しい内容はこちら

インタビュー:脱デフレへ財政・金融協調を、増税撤回は不可欠=岩田前日銀副総裁 | ロイター

[東京 18日 ロイター] – 岩田規久男・前日銀副総裁は、ロイターとのインタビューに応じ、デフレ脱却には、10月に予定されている消費税率引き上げを撤回するとともに、国債発行を財源として若い世代に所得分配する財政拡大が不可欠と訴えた。財政と金融の協調によって財政資金を日銀がファイナンスし、お金が民間…

引用元の詳しい内容はこちら

生保、「節税保険」販売停止 国税が課税見直し方針  :日本経済新聞

日本生命保険など生命保険各社は13日、節税目的の加入が増えている経営者保険の販売を一時取りやめることを決めた。国税庁が同保険の税務上の取り扱いを見直し、支払った保険料を損金算入できる範囲に制限をかける検討を始めるため。中小企業の節税ニーズをとらえて市場が急拡大してきたが、転機を迎える。 【関連記事】…

引用元の詳しい内容はこちら

軽くみた少子化、対策の好機を逃す  :日本経済新聞

平成は少子化ショックとともに始まり、克服できないまま終わろうとしている。世界で最低レベルの出生率に落ち込みながらも、政府内は「いずれ第3次ベビーブームがやってくる」という楽観論が根強く、対策が後手に回った。回復基調にあった出生率もこのところ頭打ち。深刻な少子化は世界に類を見ない高齢社会を出現させた…

引用元の詳しい内容はこちら

未来への投資怠る日本企業 研究開発、米に見劣り  :日本経済新聞

先進国でカネ余りが鮮明だ。QUICK・ファクトセットのデータによると日米欧の上場企業が持つ手元資金は2017年度で約470兆円になった。10年前より73%の増加だ。設備投資などにかつてほど資金を投じなくなっていることが原因だが、なかでも日本企業の慎重姿勢が目立つ。 18年10月下旬。山口県が地盤の給湯機器大手、長府製…

引用元の詳しい内容はこちら