カテゴリー別アーカイブ: 為替

トルコ・リラ暴落を招いた“もう一つの暗闘”:日経ビジネスオンライン

トルコの通貨「リラ」が暴落。年初に比べてすでに40%安となった。
5年前1リラは約55円、今年初めは30円、それが18円にまで落ちた(8月17日現在)。対ドルで見ると2013年には1ドル=約1.8リラだったが、13日には1ドル=7.2リラとなり最安値を更新。輸入する石油のリラ建ての価格などが大きく値上がりし、国内でさらなる…

引用元の詳しい内容はこちら

ドル高で米国の覇権が復活する!:日経ビジネスオンライン

森 永輔
日経ビジネス副編集長
早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。
この著者の記事を見る

引用元の詳しい内容はこちら

焦点:有事の円買い、今年は不発な訳 | ロイター

[ロンドン/東京 24日 ロイター] – 世界で大きな紛争や災害・事故が起きた際に、緊急避難的に資金の避難先として日本円を買う、いわゆる「有事の円買い」は投資家にとっての常とう手段だ。
7月24日、世界で大きな紛争や災害・事故が起きた際に、緊急避難的に資金の避難先として日本円を買う、いわゆる「有事の…

引用元の詳しい内容はこちら

米国だけがもつ“経済の核兵器”、「ドル利用禁止」 ロシアなどに対する米国の経済制裁が効果的な理由とは(1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)

米国の対ロ経済制裁の主役はSDNリストだ。このリストに掲載された個人や団体は、在米金融機関に有する口座や資産が凍結される。つまり米ドルの利用が禁止される。この「ドルの利用が禁止される」という点につき、金融関係者にはそのインパクトの大きさが自明である一方、一般人にはその意味があまり理解されていないよう…

引用元の詳しい内容はこちら

鳥貴族、値上げで業績悪化へ。値上げ組の企業が軒並み苦戦、遠のく脱デフレ=斎藤満 | マネーボイス

企業の価格戦略の勝敗が見えてきました。鳥貴族ほか値上げに踏み切った企業は業績を落とし、イオンなど値下げ戦略を取った企業は伸びています。理由は明確です。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)
※本記事は、『マンさんの経済あらかると』2018年7月13日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバッ…

引用元の詳しい内容はこちら

鳥貴族、値上げで業績悪化へ。値上げ組の企業が軒並み苦戦、遠のく脱デフレ=斎藤満 | マネーボイス

企業の価格戦略の勝敗が見えてきました。鳥貴族ほか値上げに踏み切った企業は業績を落とし、イオンなど値下げ戦略を取った企業は伸びています。理由は明確です。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)
※本記事は、『マンさんの経済あらかると』2018年7月13日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバッ…

引用元の詳しい内容はこちら

中国の「意図せざる人民元安」がもたらす国際金融リスク(安達 誠司) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

株安と通貨安が進行中
トランプ政権当局者によれば、トランプ大統領は中国製品向けに新たに2000億ドル規模の品目を追加する見通しであるとのことである(7月10日付のニュース)。
中国の報復関税措置への対抗策ということだが、現時点では中国も一歩も引かない構えであることから、今度は中国が追加の報復関税措置を講じ…

引用元の詳しい内容はこちら

「米中貿易戦争は中国に不利」と断言できるこれだけの理由(安達 誠司) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

リスクオフ局面はまだ先だが
このところ、中国の株価と通貨(人民元)の下落が目立つ。中国の代表的な株価インデックスである上海総合指数は年初から15%以上も下げ、特に最近1ヵ月で9.5%近い下落となっている(図表1)。
人民元も4月半ばの1ドル=約6.27元から6.64元まで下落している(約6%の下落)。
7月3日に中国通…

引用元の詳しい内容はこちら

人民元が最大の下げ、今度は米中通貨戦争の懸念 関税の影響を相殺する狙い、通貨の「兵器化」に伴う大きなリスク | JBpress(日本ビジネスプレス)

中国の通貨・人民元の対ドル相場が6月、月間ベースで史上最大の下げに見舞われ、次第にエスカレートしていく米中貿易戦争で、中国政府が通貨切り下げを武器として使う用意があるとの懸念を引き起こしている。人民元は6月に対ドルで3.3%下落。中国が1994年に外国為替市場を立ち上げて以来、1カ月間としては最大の下げと…

引用元の詳しい内容はこちら