カテゴリー別アーカイブ: 為替

米中貿易戦争の議論で見落とされている「決定的に重要な論点」(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

貿易戦争のダメージ
このところ、メディアで「米中貿易戦争」の話題を目にしない日はない。この「米中貿易戦争」に関する議論は論者によって色々な切り口があって面白いが、ほとんどが、「反トランプ・中国擁護論」、もしくは「中国経済崩壊論」という極論に二分される。
この問題に限らず、確かに勇ましい極論が好まれ…

引用元の詳しい内容はこちら

米中貿易戦争の議論で見落とされている「決定的に重要な論点」(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

貿易戦争のダメージ
このところ、メディアで「米中貿易戦争」の話題を目にしない日はない。この「米中貿易戦争」に関する議論は論者によって色々な切り口があって面白いが、ほとんどが、「反トランプ・中国擁護論」、もしくは「中国経済崩壊論」という極論に二分される。
この問題に限らず、確かに勇ましい極論が好まれ…

引用元の詳しい内容はこちら

株価が27年ぶり高値をつけたのは労働分配率低下と引き換えだ | 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る | ダイヤモンド・オンライン

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問、一橋大学名誉教授。専攻はフ…

引用元の詳しい内容はこちら

トルコ・リラ暴落を招いた“もう一つの暗闘”:日経ビジネスオンライン

トルコの通貨「リラ」が暴落。年初に比べてすでに40%安となった。
5年前1リラは約55円、今年初めは30円、それが18円にまで落ちた(8月17日現在)。対ドルで見ると2013年には1ドル=約1.8リラだったが、13日には1ドル=7.2リラとなり最安値を更新。輸入する石油のリラ建ての価格などが大きく値上がりし、国内でさらなる…

引用元の詳しい内容はこちら

ドル高で米国の覇権が復活する!:日経ビジネスオンライン

森 永輔
日経ビジネス副編集長
早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。
この著者の記事を見る

引用元の詳しい内容はこちら

焦点:有事の円買い、今年は不発な訳 | ロイター

[ロンドン/東京 24日 ロイター] – 世界で大きな紛争や災害・事故が起きた際に、緊急避難的に資金の避難先として日本円を買う、いわゆる「有事の円買い」は投資家にとっての常とう手段だ。
7月24日、世界で大きな紛争や災害・事故が起きた際に、緊急避難的に資金の避難先として日本円を買う、いわゆる「有事の…

引用元の詳しい内容はこちら

アルゼンチン、緊急利上げで政策金利40%に (写真=ロイター) :日本経済新聞

【サンパウロ=外山尚之】アルゼンチンの中央銀行は4日、政策金利を6.75%引き上げ、年40%にすると発表した。この8日間で3度目となる利上げで、金利の引き上げ幅は計12.75%に達する。米長期金利の上昇で新興国からの資本流出が始まる中、アルゼンチンの通貨ペソはドルに対して急落しており、通貨防衛のために緊急利…

引用元の詳しい内容はこちら

為替をDeepLearningで予測してみた話 – Qiita

2015末~2016頭ぐらいに、DeepLearningを使って為替の予測にチャレンジしていました。
しばらくDeepLearningから遠ざかっていたので、思い出しがてら、その内容を書いていきます。
概要
現在の日付を$T$とすると、$T+1$から$T+30$までにおける日次価格の単純移動平均をDeepLearningを使って予測し、
ロングポジションを…

引用元の詳しい内容はこちら

FX初心者必見。米国の重要経済指標14指標のまとめ – 株式、FXのまとめ解説

米国経済指標は超重要

経済指標の発表はしばしば為替・株式市場で大きな話題になります。特に米国経済は、(世界経済に占めるシェアが低下し続けているとはいえ)世界最大の経済大国の指標であり、大きな注目が集まります。
今回は比較的重要な経済指標をなるべく網羅的に取り上げ、その特徴を紹介することにします。

引用元の詳しい内容はこちら