カテゴリー別アーカイブ: 歴史

バブル崩壊後の日本がマシに見える中国のこれから 政治体制はそのまま、悲惨なディストピア時代へ(1/4) | JBpress(日本ビジネスプレス)

中国・新疆ウイグル自治区カシュガルで、夜市を巡回する警察官(2017年6月25日撮影、資料写真)。(c)JOHANNES EISELE / AFP〔AFPBB News〕 崩壊すると言われながら長い間崩壊しなかった中国経済がついに崩壊し始めた。一時は、「中国崩壊説の崩壊」などと揶揄されていたが、やはり不自然なことはどこかで限界に突き当た…

引用元の詳しい内容はこちら

「アメリカのヤフーほど決断をミスした企業もないと思う」海外の反応:らばQ

「アメリカのヤフーほど決断をミスした企業もないと思う」海外の反応 ヤフージャパン“Yahoo! JAPAN”は、言うまでもなく日本有数の圧倒的なアクセス数を誇るポータルサイト。 しかし本家アメリカのヤフーは2008年頃に経営難となり、2017年にベライゾン(Verizon)に買収されました。 そんなヤフーが過去にどんな決断ミス…

引用元の詳しい内容はこちら

歴史的な価格下落をした6の通貨 – ハイパーインフレはなぜ起こったのか – 歴ログ -世界史専門ブログ-

お金とは何なのか、を考えざるを得ないハイパーインフレの世界 2007年から2009年にかけてジンバブエ・ドルが狂ったようなインフレを起こし、最後は100兆ジンバブエ・ドルまで発行されたのは記憶に新しいと思います。 この件は結構ネタ的に語られることが多かったですが、実際銀行に預金をしていたであろう庶民はたまった…

引用元の詳しい内容はこちら

IMF危機を思い出す韓国人:日経ビジネスオンライン

(前回から読む) 韓国人は今、1997年の通貨危機を思い出す。資本逃避が始まるなか日米との関係が悪化し、金融の命綱を失う。というのに政権は手をこまねき、政界は抗争に明け暮れる――。21年前とだんだん似てきたからだ。 面子も職も失った 鈴置: 11月28日封切りの映画「国家不渡りの日」が韓国でヒットしています。初…

引用元の詳しい内容はこちら

IMF危機を思い出す韓国人:日経ビジネスオンライン

(前回から読む) 韓国人は今、1997年の通貨危機を思い出す。資本逃避が始まるなか日米との関係が悪化し、金融の命綱を失う。というのに政権は手をこまねき、政界は抗争に明け暮れる――。21年前とだんだん似てきたからだ。 面子も職も失った 鈴置: 11月28日封切りの映画「国家不渡りの日」が韓国でヒットしています。初…

引用元の詳しい内容はこちら

IMF危機を思い出す韓国人:日経ビジネスオンライン

(前回から読む) 韓国人は今、1997年の通貨危機を思い出す。資本逃避が始まるなか日米との関係が悪化し、金融の命綱を失う。というのに政権は手をこまねき、政界は抗争に明け暮れる――。21年前とだんだん似てきたからだ。 面子も職も失った 鈴置: 11月28日封切りの映画「国家不渡りの日」が韓国でヒットしています。初…

引用元の詳しい内容はこちら

なぜ「あの時」ロスジェネが問題になると予想できなかったのか – Togetter

前島賢:ライトノベル&SFライター。 連絡はmaexima*https://t.co/N8GNSmAmm4まで。著書「セカイ系とは何か」https://t.co/r82bZrVhq0 連載「前島賢の本棚晒し」 http://t.co/S8GMAd7ShA amazonアソシエイト利用中。 https://t.co/hXubMsb5Ui

引用元の詳しい内容はこちら

なぜ「あの時」ロスジェネが問題になると予想できなかったのか – Togetter

前島賢:ライトノベル&SFライター。 連絡はmaexima*https://t.co/N8GNSmAmm4まで。著書「セカイ系とは何か」https://t.co/r82bZrVhq0 連載「前島賢の本棚晒し」 http://t.co/S8GMAd7ShA amazonアソシエイト利用中。 https://t.co/hXubMsb5Ui

引用元の詳しい内容はこちら

金融危機か、住宅バブル崩壊か:大不況の深刻化を巡るバーナンキとクルーグマンの論争・続き – himaginaryの日記

昨日紹介したバーナンキのエントリに、クルーグマンが「Steeper Versus Deeper (Wonkish)」と題したエントリで反論したほか、ディーン・ベーカーも異を唱えた。
以下はベーカーの論点の概要。
金融危機が、住宅価格の低下と、住宅バブルがもたらした消費ブームの終わりを(いずれも既に進行していたが)早めたことに異論…

引用元の詳しい内容はこちら

金融危機か、住宅バブル崩壊か:大不況の深刻化を巡るバーナンキとクルーグマンの論争 – himaginaryの日記

昨日エントリでは、10年前の危機の本質は信用不安であって住宅バブルの崩壊ではない、というバーナンキ=ポールソン=ガイトナー見解と、財政刺激策こそが対処策として重要、というサマーズの見解を対照させたDavid Warshのエントリを紹介した。一方、クルーグマンがそこで言うサマーズ見解と同じ立場に立ってバーナンキ…

引用元の詳しい内容はこちら