カテゴリー別アーカイブ: 株

アスクルの岩田彰一郎社長(1.6%)四面楚歌、大株主ヤフー(41.6%)とプラス(10.7%)から無能扱いされて退陣要求 : 市況かぶ全力2階建

落ち目のヤフーvs買い取るカネ無いアスクル ファイ — ぷっちょ (@puchogen) 2019年7月17日 アスクルが筆頭株主のヤフーに資本・業務提携の解消を申し入れました。通販サイト「LOHACO(ロハコ)」の事業譲渡をヤフーが求めたのをアスクルが拒否。関係が悪化しました。https://t.co/utGnD4EWz3 — 日本経済新聞 電子版 (@nikke…

引用元の詳しい内容はこちら

gumiの國光宏尚さん、上場ゴールの過去を棚に上げて角が立つお金の運用理論を披露 : 市況かぶ全力2階建

月2万投資を30年間複利6%で回せば2000万になる話、確かに理論上はそうなんだけど、華麗な上場ゴール決めたgumiの社長さんが言うと、ルノアールでよく聞く話的な香りが漂うのがどうも… — ボヴ (@cornwallcapital) 2019年7月15日 見通し甘すぎでしょ — ろんぐて〜る (@rongtail) 2019年7月15日 「月2万を年間複利6%で30…

引用元の詳しい内容はこちら

【投機】TATERU(1435)はAGERU?SAGERU!YAMERU、あっホルダー – greenの日記

こんにちはgreenです。TATERU(1435)を知ってますか?あの不祥事を起こしたIOTアパート経営のTATERUです! 私は株主優待(クオカード3,000円)の誘惑に負け、2018年11月12日に100株を56,500円で買いました。これが悲劇のはじまりまです。 TATERUのイメージを私が書いた記事のタイトルで纏めてみると、株価の変動が激し…

引用元の詳しい内容はこちら

7月2週の日経平均、NYダウを分析する | 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方

先輩 今週は、やや下値を切り下げる展開となりながらも、先週に続いて小幅なレンジの動きになったな。 たかし 今週はSQ週でしたが、大きな波乱もなく、穏やかでしたね。 7月利下げ期待が続く動き 先輩 先週はアメリカの雇用統計の数値が割と良く、利下げ期待がやや後退したわけだが、今週は一転してまた利下げ期待が強…

引用元の詳しい内容はこちら

FRBパウエル議長の議会証言はサプライズなし | 株知識

11日の日経は、昨晩のパウエル議長の発言をうけ7月の利下げ観測が高まり米国株高となったことをうけ110円高の21,643円で終了となりました。 FRBパウエル議長の議会証言はサプライズなし 今日も動きは悪かったですが上昇となりましたね。 昨晩は半年に一度行われるFRBパウエル議長の議会証言がありました。6月の非農業部…

引用元の詳しい内容はこちら

株式投資と暗号資産で稼ぐSINの投資ブログ : 日本株低迷続く、出来高も少なし!

ニューヨークダウが少し下がれば、日経株は大きく下がります。ニューヨークダウが少し上がれば、日経株はわずかに下がります。ニューヨークダウが大きく上がれば、日経株は少し上がります。こんな繰り返しの数か月ですが、最近底打ちの動きも見られましたが、週明けの今日はまたしても弱い動きです。 TDKは終わってみれ…

引用元の詳しい内容はこちら

7月1週の日経平均、NYダウを分析する | 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方

先輩 今週は、週初めに大きくギャップアップでスタートし、その後は週末にかけて小幅に上下するような動きとなった。 たかし 先週末、米中首脳会談によってアメリカの中国に対する追加関税が見送られることが決まりました。 これが好感されて、一気に月曜日は上場しましたね。 日経平均は5週続伸で令和最大の上げ幅に …

引用元の詳しい内容はこちら

資産運用って面白いの?

金融審議会の「老後2000万」の話がきっかけで、投資とか資産運用にまつわる記事が流行っている。 お金の話について 「老後2000万円必要」とリスクを煽る新聞社がセットで紹介しない、私がお勧めできるネット証券会社と投資商品 きっかけから考えても、流行っている主な理由は「将来が不安だから」であって「面白そうだか…

引用元の詳しい内容はこちら

米国株が強い。。 | 株知識

4日の日経は、前日の米国株が過去最高値を更新したことをうけ投資家心理が改善し買いが優勢となりましたが、後場からは上げ幅を縮め64円高の21,702円で終了となりました。 米国株が強い。。 昨晩のNY市場は米国の独立記念日の前日ということで半日の取引となっており東京市場はだいぶ薄商いですね。 東証一部の売買代金…

引用元の詳しい内容はこちら

米国株が強い。。 | 株知識

4日の日経は、前日の米国株が過去最高値を更新したことをうけ投資家心理が改善し買いが優勢となりましたが、後場からは上げ幅を縮め64円高の21,702円で終了となりました。 米国株が強い。。 昨晩のNY市場は米国の独立記念日の前日ということで半日の取引となっており東京市場はだいぶ薄商いですね。 東証一部の売買代金…

引用元の詳しい内容はこちら