カテゴリー別アーカイブ: 書評

【書評】「まんがでわかるピケティの「21世紀の資本」」とても読みやすい本でした。r側になろう。 – ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

ずずずです。
「21世紀の資本」は投資家がおススメする本の1つに必ず入るほど人気のある一冊です。
その翻訳を担当した1人である山形浩生氏が出版された本となります。
「21世紀の資本」に手をつける前にまずは事前予習レベルで読むというのもよいかと思います。
まだ私も21世紀の資本を読んでいないので、これ…

引用元の詳しい内容はこちら

【書評】「まんがでわかるピケティの「21世紀の資本」」とても読みやすい本でした。r側になろう。 – ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

ずずずです。
「21世紀の資本」は投資家がおススメする本の1つに必ず入るほど人気のある一冊です。
その翻訳を担当した1人である山形浩生氏が出版された本となります。
「21世紀の資本」に手をつける前にまずは事前予習レベルで読むというのもよいかと思います。
まだ私も21世紀の資本を読んでいないので、これ…

引用元の詳しい内容はこちら

書評:Bad Blood――地道な調査報道が暴いたシリコンバレー最大の嘘 | TechCrunch Japan

シリコンバレーでは毎年千の単位でスタートアップが生まれている。その中で全国で名前を知られた会社になるというのはそれだけで大変なことだ。
指から一滴の血を絞り出すだけで多数の病気が検査できると主張したTheranosはそうした稀有なスタートアップとなり、続いて真っ逆さまに転落した。
Wall Street Journalの記者…

引用元の詳しい内容はこちら

【書評】『超・初心者のための投資のキホン 1000円からできるお金のふやし方』 | ライフハッカー[日本版]

『超・初心者のための投資のキホン 1000円からできるお金のふやし方』(大槻奈那著、ワニブックス)の著者は、マネックス証券 チーフ・アナリスト兼マネックスユニバーシティ長。マネックスユニバーシティとは、オンライン証券のマネックス証券で、個人の方々に投資教育を行う部署なのだそうです。
でも、そんな立場にい…

引用元の詳しい内容はこちら