カテゴリー別アーカイブ: 暮らし

自分のアイデアをいろんな会社のCEOに手紙で送ってみてわかったこととは? – GIGAZINE

「面白いアイデアはあるけど自分には実現できそうにない」と考えてしまい、実行に移すことを諦めている人が多いはず。投資家のジョン・デフェオ氏も同じ悩みを抱えたことがあったのですが、「どうせなら実現できそうな人にアイデアを委ねてみよう」と考え、自身のアイデアを手紙を書き、いろいろな会社のCEOに送ってみた…

引用元の詳しい内容はこちら

自分のアイデアをいろんな会社のCEOに手紙で送ってみてわかったこととは? – GIGAZINE

「面白いアイデアはあるけど自分には実現できそうにない」と考えてしまい、実行に移すことを諦めている人が多いはず。投資家のジョン・デフェオ氏も同じ悩みを抱えたことがあったのですが、「どうせなら実現できそうな人にアイデアを委ねてみよう」と考え、自身のアイデアを手紙を書き、いろいろな会社のCEOに送ってみた…

引用元の詳しい内容はこちら

ワールド再上場へ 成長戦略に向け資金調達 | 繊研新聞

ワールドが株式の上場を東京証券取引所に申請したとの報道が一部あった。仮に申請が通れば、05年にMBO(経営陣が参加する買収)を行い、上場を廃止して以来13年振りの再上場になる。成長事業への投資に向けた資金調達を行うと見られる。
ワールドは今期(19年3月期)、これまでの総合アパレル企業グループから事業領域を…

引用元の詳しい内容はこちら

証券取引等監視委員会の塀の上を爆走中のウルフ村田さん、1400万円返還請求訴訟の本人尋問で独り舞台 : 市況かぶ全力2階建

ウルフ村田さんは今日裁判か。
裁判所で伝説を作るはずだ。
— INAGOファンド (@inagofund_jp) 2018年6月21日
※前回の伝説(その結果、名誉毀損罪で懲役6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決 )
証券取引等監視委員会の塀の上を爆走中のウルフ村田さん、刑事裁判の初公判で独り舞台 https://t.co/zdNhvyN2lo
— 全力2階建 (@kabu…

引用元の詳しい内容はこちら

【貯金か投資か】私が貯めたお金を投資をしないこれだけの理由 – 縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

私は基本投資をしません。
定期預金や債券で運用することはしますが、株であったり、不動産であったりに投資することはありません。
若いころには勉強のために色々投資もしていましたが、そのときの成功と失敗から多くのことを学んだので今日はそんな私が貯金を投資しないシンプルな理由を書きたいとお思います。
投資は…

引用元の詳しい内容はこちら

【貯金か投資か】私が貯めたお金を投資をしないこれだけの理由 – 縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

私は基本投資をしません。
定期預金や債券で運用することはしますが、株であったり、不動産であったりに投資することはありません。
若いころには勉強のために色々投資もしていましたが、そのときの成功と失敗から多くのことを学んだので今日はそんな私が貯金を投資しないシンプルな理由を書きたいとお思います。
投資は…

引用元の詳しい内容はこちら

システムトレードで11年間で10勝1敗の実績をあげている私の投資手法

システム開発会社で勤務しながら2001年に元手30万円で株式投資を開始。2年9ヶ月で1億1千万円にした個人投資家として注目を集めたトレーダー。はじめは全く利益をあげられなかったが、2003年1月に独自のシステムを開発してから一気に常勝トレーダーになる。勝率80%の逆張りシステムを中心に数種類のシステムを使い分ける…

引用元の詳しい内容はこちら

システムトレードで11年間で10勝1敗の実績をあげている私の投資手法

システム開発会社で勤務しながら2001年に元手30万円で株式投資を開始。2年9ヶ月で1億1千万円にした個人投資家として注目を集めたトレーダー。はじめは全く利益をあげられなかったが、2003年1月に独自のシステムを開発してから一気に常勝トレーダーになる。勝率80%の逆張りシステムを中心に数種類のシステムを使い分ける…

引用元の詳しい内容はこちら

大インフレ期の教訓は読み間違えられたのか? – himaginaryの日記

デロングが、インフレと失業率に関する議論において、歴史の教訓が読み間違えられているのではないか、と論じている。
The public discussion about inflation and unemployment appears to me to be substantially awry. It appears to incorporate two, and only two, lessons from history.
The first of these lesso…

引用元の詳しい内容はこちら

大インフレ期の教訓は読み間違えられたのか? – himaginaryの日記

デロングが、インフレと失業率に関する議論において、歴史の教訓が読み間違えられているのではないか、と論じている。
The public discussion about inflation and unemployment appears to me to be substantially awry. It appears to incorporate two, and only two, lessons from history.
The first of these lesso…

引用元の詳しい内容はこちら