カテゴリー別アーカイブ: 景気経済

FRB議長「日本教訓、後手に回らぬ」 再び利下げ意欲 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は11日、米上院銀行委員会での議会証言で「2%の物価上昇率を大きく下回りたくない。後手に回らないようにするのが、日本から得た教訓だ」と述べた。米経済の物価停滞を懸念して、早期の利下げに改めて意欲をみせた発言だ。 パウエル議長は10日の下院委に続…

引用元の詳しい内容はこちら

GPIF、18年度運用益2.3兆円 海外株回復が貢献  :日本経済新聞

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が5日発表した2018年度の運用実績は2兆3795億円の黒字と、3期連続で運用益を確保した。期間の損益率はプラス1.52%(前期はプラス6.90%)となった。18年10~12月期には四半期として最大の14兆円の運用損を計上したが、期末にかけて米連邦準備理事会(FR…

引用元の詳しい内容はこちら

「この先、日本では不動産を買うな株を買え」といえるこれだけの理由(大原 浩) | マネー現代 | 講談社(1/4)

少なくとも日本が戦争に負けた70年ほど前から、株価と不動産価格はおおむね連動してきたことは否定できない事実である。 巷で良く言われるように、株価の先行性(例えば株価が暴落してから不動産価格が下がるまでには半年ほどのタイムラグがあるなど……)はあるように見える。 確かに、市場が整備され売買の活発な株式市…

引用元の詳しい内容はこちら

焦点:アジアで「オイルショック」も、購入コスト1兆ドル超に | ロイター

[シンガポール/ムンバイ/マニラ 17日 ロイター] – 原油価格の上昇と需要増加に伴い、アジア諸国の石油購入コストが今年は1兆ドルを超えて2015、16年の2倍近くに達し、経済の重圧となりそうだ。 5月17日、原油価格の上昇と需要増加に伴い、アジア諸国の石油購入コストが今年は1兆ドルを超えて201…

引用元の詳しい内容はこちら

FRB、19年は利上げゼロ 量的引き締めも9月終了 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で先行きの政策シナリオを協議し、2019年の想定利上げ回数をゼロに引き下げた。海外景気の減速を警戒し、米国債など保有資産の縮小も9月末で終了する。20年に1回の利上げを見込むものの、金融危機時の大規模緩和を縮小する「金融政…

引用元の詳しい内容はこちら

FRB、19年は利上げゼロ 量的引き締めも9月終了 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で先行きの政策シナリオを協議し、2019年の想定利上げ回数をゼロに引き下げた。海外景気の減速を警戒し、米国債など保有資産の縮小も9月末で終了する。20年に1回の利上げを見込むものの、金融危機時の大規模緩和を縮小する「金融政…

引用元の詳しい内容はこちら

焦点:財政拡大理論「MMT」、理想の地は日本か | ロイター

[東京 8日 ロイター] – MMT(Modern Monetary Theory、現代金融理論)が、注目を集めている。独自の通貨を持つ国の政府は、通貨を限度なく発行できるため、デフォルト(債務不履行)に陥ることはなく、政府債務残高がどれだけ増加しても問題はない、という考えだ。米国では、激しい論争を巻き起こしているが、財…

引用元の詳しい内容はこちら

銀行株ETF購入? 日銀利下げ時の副作用対応  :日本経済新聞

日銀の追加緩和をめぐる思惑が市場でジワジワと広がっている。米連邦準備理事会(FRB)が利上げをいったん停止するなどハト派的な姿勢を強め、金利面で円高リスクが高まってきたためだ。米中貿易戦争などリスクの多い世界経済の状況も背景にある。日銀幹部もこう語る。「仮にリスクが顕在化して急速な円高が進み、2%に向…

引用元の詳しい内容はこちら

ドル高で米国の覇権が復活する!:日経ビジネスオンライン

森 永輔
日経ビジネス副編集長
早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。
この著者の記事を見る

引用元の詳しい内容はこちら

焦点:アジアで「オイルショック」も、購入コスト1兆ドル超に | ロイター

[シンガポール/ムンバイ/マニラ 17日 ロイター] – 原油価格の上昇と需要増加に伴い、アジア諸国の石油購入コストが今年は1兆ドルを超えて2015、16年の2倍近くに達し、経済の重圧となりそうだ。
5月17日、原油価格の上昇と需要増加に伴い、アジア諸国の石油購入コストが今年は1兆ドルを超えて201…

引用元の詳しい内容はこちら