カテゴリー別アーカイブ: 日銀

日本経済が直面している問題の答えは金融政策にはない=白川前日銀総裁 | ロイター

[東京 22日 ロイター] – 白川方明前日銀総裁(青山学院大学特別招聘教授)は22日、都内で講演し、日本経済が直面している問題の答えは金融政策にはないと述べた。白川氏は、日本経済の根本原因は、急速な高齢化や少子化に経済・社会が適合し切れていないことだと指摘。財政や日本経済の持続可能性に取り組むこと…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀「スーパーマンでない」=白川前総裁が初会見:時事ドットコム

日銀「スーパーマンでない」=白川前総裁が初会見
日銀総裁
記者会見する白川方明前日銀総裁=22日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ
2013年春まで日銀総裁を務めた白川方明氏が22日、都内の日本記者クラブで退任後初めて記者会見した。白川氏は「中央銀行は千里眼をもったスーパーマンではない」と述べ、日…

引用元の詳しい内容はこちら

消費税10%の経済的影響小さい 黒田日銀総裁が見解|テレ朝news

国際会議に出席のためインドネシアを訪問している日銀の黒田総裁は、来年10月に実施する予定の消費増税が日本経済に与える影響について、4年前の8%に引き上げた時より小さいという見方を示しました。
黒田日銀総裁:「現時点では、日本経済に与える影響は大きくないと考えている」
黒田総裁は消費増税を実施するかどう…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀による“株”購入が累計で20兆円突破

日銀は現在、企業の株式を組み込んで作った投資信託を年間6兆円のペースで買い入れていますが、ついにその購入総額が20兆円を超えました。
日銀の発表によりますと、20日時点で日銀が購入したETF(上場投資信託)の総額は20兆1854億円となり、初めて20兆円の大台に乗せました。中央銀行が国債などに比べてリスクの高い株…

引用元の詳しい内容はこちら

9月第4週 欧州タイムオーダーと欧州早朝始値照準pivot 検証結果 : カフェイン中毒(。´・ω・)の為替日記

頂いたご質問について。
終値3波動についての質問ですが、
説明するには解説図等の用意がいるので、
時間が取れる時に掲載しようと思います。
☟FXに欠かせない情報満載(・∀・) 毎日クリックしてチェック!☟
★プロフィール★
はじめまして、カフェイン中毒(。´・ω・)です。 コーヒーのカフェインが大好きです(=゚ω゚)ノ
現在…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀資産548兆円、戦後初のGDP超え 金融緩和で国債大量購入 来年にも世界最大の中銀に – 産経ニュース

日本銀行の総資産が平成29年度の名目国内総生産(GDP)を上回る水準に達したことが18日、分かった。直近年度のGDPを超えたのは戦後初めて。日銀は25年に開始した大規模な金融緩和で国債などを大量に買い続けている。物価低迷に伴う緩和長期化で保有額は今後も膨らむため、来年にも世界最大の資産を持つ中央…

引用元の詳しい内容はこちら

黒田日銀、インパール化した現状を維持しつつ撤退戦へ : 市況かぶ全力2階建

日銀金融政策決定会合で「貸出増加支援資金供給等の延長・拡充」以外の政策変更があったのは表の6回。
最も早いのは12:38頃、遅いのは13:44頃。
いずれもボラは拡大傾向。
「俺たちの日銀が帰ってきた!」になるのか否か。そこが問題。。。 pic.twitter.com/KSEfvguQ58
— optimistictrader (@optimist7151118) 2018年7月…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀 長期金利の一定の上昇容認する新たな措置 | NHKニュース

日銀は、31日まで開いた金融政策決定会合で、今の大規模な金融緩和策の枠組みを維持した上で、長引く金融緩和による副作用を和らげるため、長期金利の一定の上昇を容認する新たな措置を取ることになりました。合わせて、今年度以降の物価上昇率の予測を引き下げ、2%の目標実現の道筋は一段と不透明になっています。

引用元の詳しい内容はこちら

日銀 長期金利の一定の上昇容認する新たな措置 | NHKニュース

日銀は、31日まで開いた金融政策決定会合で、今の大規模な金融緩和策の枠組みを維持した上で、長引く金融緩和による副作用を和らげるため、長期金利の一定の上昇を容認する新たな措置を取ることになりました。合わせて、今年度以降の物価上昇率の予測を引き下げ、2%の目標実現の道筋は一段と不透明になっています。

引用元の詳しい内容はこちら

投資信託:家計保有額、30兆円以上も誤計上 日銀がミス – 毎日新聞

「貯蓄から投資」実態は逆
個人の代表的投資商品である「投資信託」の家計保有額が、日銀の統計作成時の誤りで30兆円以上も過大計上されていたことが判明した。近年順調に増加しているとされてきた投信保有額が、実際は減っていたことになり、「貯蓄から投資」が進んでいると信じてきた証券業界に衝撃が広がっている。…

引用元の詳しい内容はこちら