カテゴリー別アーカイブ: 日本

日本の半導体産業についての話_その2

https://anond.hatelabo.jp/20200813115920 上記の記事を書いた増田です。外出して戻ってきたらまさかの100ブクマ越えだったんで、調子に乗って続きを書きます。 イメージセンサー■ ソニーセミコンダクタソリューションズグループ 要するにソニーの半導体事業部。金額ベースでイメージセンサーの世界シェアが50%を超える…

引用元の詳しい内容はこちら

日本の半導体産業についての話_その2

https://anond.hatelabo.jp/20200813115920 上記の記事を書いた増田です。外出して戻ってきたらまさかの100ブクマ越えだったんで、調子に乗って続きを書きます。 イメージセンサー■ ソニーセミコンダクタソリューションズグループ 要するにソニーの半導体事業部。金額ベースでイメージセンサーの世界シェアが50%を超える…

引用元の詳しい内容はこちら

日本の半導体産業についての話

業界人です。お盆休みに帰省できず暇を持て余した友人から急にSkypeがかかってきて、 「そういえば日本の半導体産業って衰退してるってよく言われるけど今どんな感じなん?やっぱり人件費で中国韓国に勝てないの?」 みたいなことを聞かれて、半導体産業の規模間って一般にあまり知られていないと思ったので、 備忘録的…

引用元の詳しい内容はこちら

日本の半導体産業についての話

業界人です。お盆休みに帰省できず暇を持て余した友人から急にSkypeがかかってきて、 「そういえば日本の半導体産業って衰退してるってよく言われるけど今どんな感じなん?やっぱり人件費で中国韓国に勝てないの?」 みたいなことを聞かれて、半導体産業の規模間って一般にあまり知られていないと思ったので、 備忘録的…

引用元の詳しい内容はこちら

コラム:FRBがYCCを採用しない本当の理由=門間一夫氏 – ロイター

[東京 12日 ロイター] – 米国の連邦準備理事会(FRB)の金融政策は、次の9月会合が注目される。「枠組みレビュー」の結果が公表される可能性が高いからである。 8月12日、米国の連邦準備理事会(FRB)の金融政策は、次の9月会合が注目される。ワシントンのFRB本部で2017年5月撮影(2020年 ロ…

引用元の詳しい内容はこちら

コラム:FRBがYCCを採用しない本当の理由=門間一夫氏 – ロイター

[東京 12日 ロイター] – 米国の連邦準備理事会(FRB)の金融政策は、次の9月会合が注目される。「枠組みレビュー」の結果が公表される可能性が高いからである。 8月12日、米国の連邦準備理事会(FRB)の金融政策は、次の9月会合が注目される。ワシントンのFRB本部で2017年5月撮影(2020年 ロ…

引用元の詳しい内容はこちら

インバウンド観光業界の苦しさ要因まとめ – Chikirinの日記

新型コロナの感染で海外からの観光客がストップして数ヶ月。 昨年 3188万人も来ていた観光客は、2月には半減、4月からは「ほぼゼロ」となっています。 ・訪日外国人動向2020 – 観光統計 – JTB総合研究所 今日はこの「インバウンド観光業」が(通常の観光業に比べても遙かに)大変な状況になっている、その要因について書…

引用元の詳しい内容はこちら

香港ファンド、日本へ退避可能に 金融庁最短3日承認 (写真=ロイター) :日本経済新聞

政情不安の続く香港から投資ファンドを受け入れる新たな仕組みができた。金融庁は大規模なデモなどで業務の継続が難しい場合、通常の登録手続きを免除し、最短3日で日本を一時的な退避先とすることを認める。アジアを代表する金融センターの香港から、優秀な人材を呼び込む契機にしたい考えだ。 政府は2020年の成長戦略…

引用元の詳しい内容はこちら

東京は香港に代わるアジアの金融ハブになれる 英専門家が見解(1/2ページ) – 産経ニュース

中国が6月30日、「香港国家安全法」を導入したことで、香港は今後、地域の金融センターとしての地位を失い、東京がその代わりとなるチャンスが出てきた―。こんな見解を、1980年代から日本経済の分析を続ける英国出身の投資戦略コンサルタント、ピーター・タスカ氏(アーカス・リサーチ代表)が英文ニュース・オピ…

引用元の詳しい内容はこちら

東京は香港に代わるアジアの金融ハブになれる 英専門家が見解(1/2ページ) – 産経ニュース

中国が6月30日、「香港国家安全法」を導入したことで、香港は今後、地域の金融センターとしての地位を失い、東京がその代わりとなるチャンスが出てきた―。こんな見解を、1980年代から日本経済の分析を続ける英国出身の投資戦略コンサルタント、ピーター・タスカ氏(アーカス・リサーチ代表)が英文ニュース・オピ…

引用元の詳しい内容はこちら