カテゴリー別アーカイブ: 日本経済

海外勢、日本株31年ぶり売越額に 18年度  :日本経済新聞

海外投資家が日本株の売りを膨らませている。2018年度の売越額は約5兆6300億円と、31年ぶり高水準となった。米中貿易戦争などを背景に世界経済の先行きに慎重姿勢を強めたためだ。ただ日銀がほぼ同額(約5兆6500億円)の買いで相殺し、売り買いが拮抗。海外勢の売りを日銀が一手に受け止めるいびつな構図が鮮明になって…

引用元の詳しい内容はこちら

海外勢、日本株31年ぶり売越額に 18年度  :日本経済新聞

海外投資家が日本株の売りを膨らませている。2018年度の売越額は約5兆6300億円と、31年ぶり高水準となった。米中貿易戦争などを背景に世界経済の先行きに慎重姿勢を強めたためだ。ただ日銀がほぼ同額(約5兆6500億円)の買いで相殺し、売り買いが拮抗。海外勢の売りを日銀が一手に受け止めるいびつな構図が鮮明になって…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀「スーパーマンでない」=白川前総裁が初会見:時事ドットコム

日銀「スーパーマンでない」=白川前総裁が初会見
日銀総裁
記者会見する白川方明前日銀総裁=22日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ
2013年春まで日銀総裁を務めた白川方明氏が22日、都内の日本記者クラブで退任後初めて記者会見した。白川氏は「中央銀行は千里眼をもったスーパーマンではない」と述べ、日…

引用元の詳しい内容はこちら

国債が売れず…ついに売買不成立が今年6回目の異常事態|日刊ゲンダイDIGITAL

国債市場に異変が起きている。7月4日、長期金利の指標となる「10年モノの新発国債」は、値がつかず取引が成立しなかった。売買が成立しないのは今年になって6回目だ。
売買の不成立は、2001~13年には1日もなく、昨年も2日だけだ。半年間で6回もあるのは、やはり異例である。値がつかないのは買い手がいな…

引用元の詳しい内容はこちら

国債が売れず…ついに売買不成立が今年6回目の異常事態|日刊ゲンダイDIGITAL

国債市場に異変が起きている。7月4日、長期金利の指標となる「10年モノの新発国債」は、値がつかず取引が成立しなかった。売買が成立しないのは今年になって6回目だ。
売買の不成立は、2001~13年には1日もなく、昨年も2日だけだ。半年間で6回もあるのは、やはり異例である。値がつかないのは買い手がいな…

引用元の詳しい内容はこちら