カテゴリー別アーカイブ: 教育

“絆”に頼るのは貧困を加速する途上国モデル 政府はもっと未来に投資を 作家・谷崎光さん – 毎日新聞

「自助、共助、公助」を繰り返す菅義偉首相。しかし、自助や共助が困難で、公助へのアクセスも難しいギリギリの状況で暮らす人は少なくない。北京在住の作家・谷崎光さんは毎日新聞への寄稿で、中国の現状とも比較しながら、「絆」に頼れば日本は途上国に逆行しかねないと警告する。 中国は今も“絆”に頼る途上国モデル …

引用元の詳しい内容はこちら

“絆”に頼るのは貧困を加速する途上国モデル 政府はもっと未来に投資を 作家・谷崎光さん – 毎日新聞

「自助、共助、公助」を繰り返す菅義偉首相。しかし、自助や共助が困難で、公助へのアクセスも難しいギリギリの状況で暮らす人は少なくない。北京在住の作家・谷崎光さんは毎日新聞への寄稿で、中国の現状とも比較しながら、「絆」に頼れば日本は途上国に逆行しかねないと警告する。 中国は今も“絆”に頼る途上国モデル …

引用元の詳しい内容はこちら

もう日本はそんな豊かでもないのに|山本一郎(やまもといちろう)|note

どこかからカネが湧いてくると思っている人たちが少なくなく、しかも、別に左翼というわけでもない人がナチュラルにこういうことを書いておられます。 いがやさんがお話されていることはごもっともです。「AI婚活は求めていることと違う」と言いたい気持ちも分かります。 でもここで、私は二つ、疑問を感じるわけですよ…

引用元の詳しい内容はこちら

もう日本はそんな豊かでもないのに|山本一郎(やまもといちろう)|note

どこかからカネが湧いてくると思っている人たちが少なくなく、しかも、別に左翼というわけでもない人がナチュラルにこういうことを書いておられます。 いがやさんがお話されていることはごもっともです。「AI婚活は求めていることと違う」と言いたい気持ちも分かります。 でもここで、私は二つ、疑問を感じるわけですよ…

引用元の詳しい内容はこちら

M. Morise (忍者系研究者) on Twitter: “経団連が学校に求める要求をまとめると ・学校に天下り枠をよこせ ・新人社員の教育コストは学校で負担しろ ・俺らが変わらず済むためにお前らが何とかしろ の3点です.”

経団連が学校に求める要求をまとめると ・学校に天下り枠をよこせ ・新人社員の教育コストは学校で負担しろ ・俺らが変わらず済むためにお前らが何とかしろ の3点です.

引用元の詳しい内容はこちら

挫折OKのプログラミングコミュニティを強制挫折させられた件について|あれっくす / 株式会社マンハッタンコード|note

9/5から参加していたCodeBeginという坂内学氏(以下、マナブ氏)の運営されるプログラミングコミュニティを強制退会処分となりました。 ご心配など頂いていた皆様に発生した事象の説明をさせていただきます。 1、コミュニティを強制退会となった流れとその理由・2020年10月28日18時頃にSlackからメールが届いてアカウン…

引用元の詳しい内容はこちら

学資保険は要らない? 仕組みと選び方、必要性と不要な人をまとめて解説します | ナビナビ保険

学資保険とは 学資保険とは、子供の教育資金の準備を目的とした保険のことです。 保険料を支払うことで、将来必要になる子供の教育資金を積み立ることができ、子供が契約時に定めた年齢に達するとお祝い金や満期保険金を受け取れます。 最大の特徴は、親(契約者)に万が一のことがあった場合、それ以降の保険料の払い込…

引用元の詳しい内容はこちら

学資保険は要らない? 仕組みと選び方、必要性と不要な人をまとめて解説します | ナビナビ保険

学資保険とは 学資保険とは、子供の教育資金の準備を目的とした保険のことです。 保険料を支払うことで、将来必要になる子供の教育資金を積み立ることができ、子供が契約時に定めた年齢に達するとお祝い金や満期保険金を受け取れます。 最大の特徴は、親(契約者)に万が一のことがあった場合、それ以降の保険料の払い込…

引用元の詳しい内容はこちら

「友だちがフォートナイトの課金を自慢してくる……」 小学生にフォートナイトの課金をさせるか迷う保護者の漫画に考えさせられる (1/2) – ねとらぼ

8歳、6歳、3歳の3人のお子さんを育てるたぷりく(@taprikoo)さんが、ゲーム「フォートナイト」の課金について、漫画にしています。子どものゲーム課金をどの程度許可するのか、多くの保護者が迷っているようです。 フォートナイトの課金が子どものトラブルに? ゲーム「フォートナイト」は、小学生にも大人気のオンライ…

引用元の詳しい内容はこちら

全ての親は受験生の子供にモノクロレーザー複合機を買い与えろ

タイトルで調子に乗りすぎたことを最初に謝る。ちょっと盛ったタイトルにしてでも親世代に読んでほしい話なんだ。 私は6年前に浪人をした。幸運にも大学にはきちんと受かり、いまは大学院にも進学して研究生活を謳歌している。いや、コロナのせいで大学に入構できず満足に研究できているかは別だが、とにかく院生として…

引用元の詳しい内容はこちら