カテゴリー別アーカイブ: 政策

住宅ローンの「金利上昇」で、年収600万円の人がマジで危ない理由(山下 和之) | マネー現代 | 講談社(1/4)

日本銀行が金融政策決定会合で、長期金利をゼロ程度に誘導する目標は維持しつつも、変動幅の拡大方針を打ち出したのが7月のことだった。
この決定が行われた7月31日の長期金利は0.05%だったのが、翌8月1日には0.129%まで上昇、9月21日の終値は0.130%になっている。明らかに、長期金利のベースが一段高くなったといわ…

引用元の詳しい内容はこちら

住宅ローンの「金利上昇」で、年収600万円の人がマジで危ない理由(山下 和之) | マネー現代 | 講談社(1/4)

日本銀行が金融政策決定会合で、長期金利をゼロ程度に誘導する目標は維持しつつも、変動幅の拡大方針を打ち出したのが7月のことだった。
この決定が行われた7月31日の長期金利は0.05%だったのが、翌8月1日には0.129%まで上昇、9月21日の終値は0.130%になっている。明らかに、長期金利のベースが一段高くなったといわ…

引用元の詳しい内容はこちら

揺らぐFRBの独立、“トランプ戦争”通貨にも:日経ビジネスオンライン

トランプ米大統領が世界を相手にしかけた貿易戦争が通貨戦争に飛び火した。リーマンショックから10年、世界は、全面的な経済戦争に巻き込まれようとしている。トランプ大統領が照準にしているのは中国人民元と欧州単一通貨ユーロである。これに関連して、米連邦準備理事会(FRB)が取り組んでいる利上げを「好ましくない…

引用元の詳しい内容はこちら

金融政策で潜在成長力は上げられる – himaginaryの日記

「Rethinking the Fed’s 2 percent inflation target(FRBの2%インフレ目標再考)」と題されたブルッキングス研究所の小論*1の中の「The natural rate hypothesis straitjacket(自然失業率仮説という拘束衣)」という節で、サマーズが、自然失業率仮説の登場によってマクロ経済学における考え方がどのように変化したか…

引用元の詳しい内容はこちら