カテゴリー別アーカイブ: 政治と経済

「つみたてNISA」は他の投資にも応用が利く優れた教育教材だ | 山崎元のマルチスコープ | ダイヤモンド・オンライン

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。 山崎元のマルチスコープ 旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。 バックナンバー一覧 「行動経…

引用元の詳しい内容はこちら

【オススメ】「株式投資で絶対に損をしたくない・・・」そんな人はこの銘柄を買うべし!! – リョウスケが米国株で億万長者を目指す

2017 – 12 – 13 【オススメ】「株式投資で絶対に損をしたくない・・・」そんな人はこの銘柄を買うべし!! こんにちわ、リョウスケです。 現在の日本は、少子高齢化が大きな社会問題となっており、今後、この問題が、経済、産業、社会保障など様々な面に、深刻な影響を与えると言われています。 これらの問題によって、「自分自身の給料が下がるのではないか?」「定年退職後、年金をきちんと貰えないんじゃない…

引用元の詳しい内容はこちら

もし私が10歳の日本人なら…世界的投資家の「驚愕の問いと答え」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

表通りは賑やかだ。株高に沸く市場関係者に、好決算を喜ぶ大企業。が、裏通りに入ると風景は一変。日本経済を崩壊させる地雷がそこかしこに……。著名投資家が明かした「日本の不都合な真実」。 世界はもう気づいている 「もし私がいま10歳の日本人ならば……」 著名投資家の ジム・ロジャーズ氏 はそこまで言うと、少し考えるように間を置いた。 米国の投資情報ラジオ番組『Stansberry Investor Ho…

引用元の詳しい内容はこちら

株式投資で12年で4億1千万円の資産を築いた私の手法の全て

某上場企業にて製品開発のかたわら、2005年10月より200万円を元手にして株取引を開始。優位性(エッジ)に基づく手法を続けることで、年間で負けたことはなく2014年3月には資産を1億6000万円ま増やす。2013年3月末に15年勤めた会社を退職し、専業トレーダーに転身。投資を始めてからトレードを休んだ日はほとんどなく、取引の幅を増やすために日本株の他に、日経225先物・オプション・FX・海外先物…

引用元の詳しい内容はこちら

ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局が警告 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

How Much Are People Willing to Risk to Buy Bitcoin? <ハイリスクのビットコインを買うために自宅を担保に借金をするなんて、シートベルトなしでジェットコースターに乗るようなものだ> 仮想通貨「ビットコイン」の価格が年初に1000%超も急騰し、12月10日には世界最大の先物取引所CBOE、年内には世界屈指のデリバティブ取引所運営会社CMEグループが相次…

引用元の詳しい内容はこちら

「つみたてNISA」の始め方 知っておきたい8つのポイント | ZUU online

「もうすぐつみたてNISAが始まるらしい」「やったほうがお得なんだろうけど、よく分からない」「そもそもNISAと違うの?」「iDeCoとは違うんだっけ?」「きっといろいろ手続きが面倒なんでしょう?」といった疑問を抱えている人は多いだろう。 その「つみたてNISA」が2018年1月から始まる。つみたてNISAとは、長期間、積み立て、分散投資できる税制優遇制度である。投資における「負けにくい運用」のた…

引用元の詳しい内容はこちら

GMO、給料にビットコイン購入枠 最大10万円  :日本経済新聞

GMOインターネットは2018年3月から社員が申請すれば給与の一部をビットコインで受け取れるようにする。GMOは仮想通貨の取引事業のほか、マイニング(採掘)事業を成長戦略の柱と位置づけている。ビットコインに対する社員の理解を深め、利用者も増やすことで事業を拡大する。  GMOの国内グループ会社の社員約4千人を対象に、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を始める。1~10万円分の給料を控除し、そ…

引用元の詳しい内容はこちら

ビットコイン、取引シェア日本4割 投機マネー大半  :日本経済新聞

代表的な仮想通貨であるビットコインの取引で日本の存在感が高まっている。10~11月は世界全体の取引の4割を日本円が占め、米ドルを超えて世界最大のシェアを握った。仮想通貨が決済手段として法的に認められ、値上がりを狙う個人マネーが流入している。価格が高騰する中で借り入れで取引金額を膨らませる投機的な動きもめだつ。取引拡大に投資家保護の仕組みが追いついておらず、今後の課題になりそうだ。  世界の主要仮想…

引用元の詳しい内容はこちら

ビットコイン「先物」買い殺到 通貨として使いづらく?:朝日新聞デジタル

仮想通貨「ビットコイン」の先物取引が、米国時間10日に米大手商品取引所で始まった。今後は穀物や金属などと同様に金融取引に組み込まれることになる。近く世界最大手の商品取引所でも扱われる。一部の関係者向けとされてきたビットコインの取引はさらに広がりそうだが、価格急騰で本来の「通貨」としては使いづらくなっている。 米国時間10日夕。米大手商品取引所「シカゴ・オプション取引所(CBOE)」でビットコインの…

引用元の詳しい内容はこちら

米国株ETFの追加購入のタイミング – たぱぞうの米国株投資

2017 – 12 – 11 米国株ETFの追加購入のタイミング 投資のヒント 投資のヒント-米国株 スポンサーリンク 米国ETFの存在が投資のしかたを変えた かつては株式投資と言えば個別株投資でした。個別株投資は長期投資と言えども、銘柄の良し悪しを見抜く力が必要で、効率よく殖やす投資ができるのはセンスのある一部の投資家でした。 しかし、ETF、特に米国株ETFの登場によりそういった能力は必須では…

引用元の詳しい内容はこちら