カテゴリー別アーカイブ: 政治と経済

ディスカウントストアのジェーソン、1日早く“13日の金曜日”アノマリー発動 : 市況かぶ全力2階建

13日の金曜日。キリスト教だけの迷信。イタリアでは17日の金曜日、スペイン語圏では13日の火曜日が不吉だそうだ。13日の金曜日を不吉とするのは、英語圏とドイツ、フランスだけ。でも、フランスでは宝くじが良く当たる幸運な日でもある。仏教徒の私にはケルトのハロウィーン同様関係ないけど。
— カフェエカーネ (@caffe…

引用元の詳しい内容はこちら

親の成年後見人になった私が後悔している事 | 相続 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

成年後見制度の大きな落とし穴――それは、たとえ子どもが「自分が親の成年後見人になります!」と申し立てても、家庭裁判所が、不適任と判断すれば、専門職後見人(弁護士や司法書士など)が選ばれることです。幸いにして、子どもが後見人に選ばれたとしても、多くの場合、成年後見人を監督する成年後見監督人(弁護士や…

引用元の詳しい内容はこちら

20~30代が負う「日本型先送り」の甚大なツケ | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今の日本は戦後かつてないほどの大きな課題を数多く抱えています。
内政的には1000兆円を超えるほど政府部門の財政赤字が膨らんでしまい、年金・介護・医療といった社会保障制度が超少子高齢化で持続可能性が危ぶまれ、人口減少で労働力不足や経済縮小が懸念されています。福島第一原発を皮切りに原子力発電の廃炉という…

引用元の詳しい内容はこちら

「ジョブズの再来」ともてはやされた女性起業家の虚構を暴く あのマードックも騙された WEDGE Infinity(ウェッジ)

■今回の一冊■
Bad Blood
筆者 John Carreyrou
出版社 Knopf
指先からとった一滴の血液で瞬時にさまざまな病気を検査できるテクノロジーを開発した――。こんな魅力的な触れ込みで一時は企業価値が一兆円を超えたシリコンバレーのスタートアップの嘘を暴くノンフィクションだ。小説のようなドラマチックな展開に驚きなが…

引用元の詳しい内容はこちら

中国の「意図せざる人民元安」がもたらす国際金融リスク(安達 誠司) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

株安と通貨安が進行中
トランプ政権当局者によれば、トランプ大統領は中国製品向けに新たに2000億ドル規模の品目を追加する見通しであるとのことである(7月10日付のニュース)。
中国の報復関税措置への対抗策ということだが、現時点では中国も一歩も引かない構えであることから、今度は中国が追加の報復関税措置を講じ…

引用元の詳しい内容はこちら

なぜ今、誰も「アベノミクス」という言葉を口にしなくなったのか

記事
MAG2 NEWS
2018年07月10日 04:45
なぜ今、誰も「アベノミクス」という言葉を口にしなくなったのか
Tweet
ここ最近、まったくと言っていいほど耳にしなくなった「アベノミクス」という言葉。政権に至っては意図的に避けているとすら思えてしまう状況ですが、やはり「失敗」だったのでしょうか。これまで何度もアベノ…

引用元の詳しい内容はこちら

なんとなく株をはじめた主婦の一年後の結果。収支はどうなった? – 気まぐれ主婦の初めての資産運用 ときどき趣味

六月末で株をはじめて一年が経ちました!
昨年なんの知識もないままになんとなく株を買って、ついでにブログもはじめたり、と私の中ではいろいろ大きく変わった一年でした。
さて、一年経ってお金は減ったのか増えたのか…振り返ってみましょう。
目次
損益合計
銘柄選定がかわった転機は立会外分売
チャートは勉強した方…

引用元の詳しい内容はこちら

仮想通貨ってどうやって買うの?!仮想通貨の買い方と手数料 | FXmania

何かと話題でテレビなどでも目にするようになった仮想通貨。
興味があるという方も少なくないでしょう。
仮想通貨の取引を始めるためには仮想通貨を購入しなくてはいけませんが、どこでどうやって買うんだろう?!と思った方もいるでしょう。
今回は仮想通貨の買い方から取引所の種類、かかる手数料などを見ていきたいと…

引用元の詳しい内容はこちら