カテゴリー別アーカイブ: 投資

経済的な自由を得た後のことを考えてみる – たぱぞうの米国株投資

経済的な自由を得た後のこと 正確な時期は忘れましたが、経済的な自由を得てから1・2年になります。もちろん、資産規模はまだまだ知れていますから、何らかの形で収入を得続ける必要はあります。 株や債券の配当分配金 不動産関連の売り上げ ブログの売り上げ 講演・寄稿のフィー 投資顧問アドバイザー業務の固定費と…

引用元の詳しい内容はこちら

経済的な自由を得た後のことを考えてみる – たぱぞうの米国株投資

経済的な自由を得た後のこと 正確な時期は忘れましたが、経済的な自由を得てから1・2年になります。もちろん、資産規模はまだまだ知れていますから、何らかの形で収入を得続ける必要はあります。 株や債券の配当分配金 不動産関連の売り上げ ブログの売り上げ 講演・寄稿のフィー 投資顧問アドバイザー業務の固定費と…

引用元の詳しい内容はこちら

国税vs新富裕層「新たな闘い」~新制度もすり抜ける海外資産(清武 英利) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

大金持ちたちは、タックスヘイブンの国を使い、巧妙な資産隠しに精を出してきた。だが「自動的情報交換制度」で、それも困難になる――――と思いきや、国税と彼らの闘いは、新たな局面を迎えている。 金持ちに起きた異変 「富裕層の傭兵」と呼ばれ、一部の資産家に奉仕してきたプライベートバンカーたちが、これまでにない…

引用元の詳しい内容はこちら

米国株、個別株を買うということ – たぱぞうの米国株投資

米国株を語る会では個別株に関してお話をしてきました 先日、米国株を語る会を開催してきました。寒い中ですが、二次会含めて大変盛り上がりました。たぱぞう、ついついしゃべりすぎて反省しました。自分ばっかり喋ってしまいましたね。 日本酒立山 超豪華ハッピーターン 伊勢海老パイ 初恋糖 プレミアムとちおとめ これ…

引用元の詳しい内容はこちら

実家暮らし手取り20万円、年金は数万円…僕は会社を辞めて専業投資家になった | BUSINESS INSIDER JAPAN

「投資なんてよく分からないし、損をしそうで恐い」 2018年末からの株価急落を見て、改めてそう感じた人も多いかもしれない。しかし、預金しても金利はほぼゼロ。年金制度への不安は高まり終身雇用も崩れ、「将来に備えるには投資しないことの方がリスクだ」と考える若い世代が目立ち始めた。 何を思い、大事なお金を投じる…

引用元の詳しい内容はこちら

先進国インデックスと米国インデックスはどのように考えるべきか? – カエデナの初心者向け資産運用方法

こんにちはカエデナです。 先日、Fund of the Year 2018という、実際のユーザ目線で投票される投資信託が行われました。 その結果がこちらです。 1位:eMAXIS Slim 先進国株式 2位:<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式 3位:eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー) 4位:楽天全米インデックス 5位:eMAXIS S…

引用元の詳しい内容はこちら

SBI証券の米国株式・ETF定期買付サービスは月10万円以上投資する人におすすめ! – 神経内科医ちゅり男のブログ

おはようございます。 今までは、インデックス投資で積立投資といえば、インデックスファンドの自動積立が定番でした。 確かに、毎月の購入金額が数万円であれば、海外ETFを購入しても手数料負けしてしまいますので、インデックスファンドの積立が正解でしょう。 一方、月10万円以上の積立投資をする方であれば、SBI証券…

引用元の詳しい内容はこちら

SBI証券の米国株式・ETF定期買付サービスは月10万円以上投資する人におすすめ! – 神経内科医ちゅり男のブログ

おはようございます。 今までは、インデックス投資で積立投資といえば、インデックスファンドの自動積立が定番でした。 確かに、毎月の購入金額が数万円であれば、海外ETFを購入しても手数料負けしてしまいますので、インデックスファンドの積立が正解でしょう。 一方、月10万円以上の積立投資をする方であれば、SBI証券…

引用元の詳しい内容はこちら