カテゴリー別アーカイブ: 投資信託

激化する米国のETF手数料引き下げ競争(NRI研究員の時事解説) – Yahoo!ニュース

大手運用会社の米バンガード・グループは、米国で、10本のETF(上場投資信託)の運用管理手数料(信託報酬)を引き下げることを決めた。これは、資産運用会社による手数料引き下げ競争を、一段と激化させるものとなろう。 手数料引き下げの対象となるバンガードのETFには海外株式・債券も含まれ、その時価総額は1,750億…

引用元の詳しい内容はこちら

世界で金利低下、景気の減速映す 追加緩和の効果に限界 (写真=ロイター) :日本経済新聞

世界各国で長期金利が下がっている。欧州や中国で経済の減速感が強まり、安全資産とされる国債に投資家の資金が集まっているためだ。先進国と新興国がそろって成長した2018年とは変わり、インドやブラジルなど新興国でも金利は下がってきた。金利の水準は世界的に低い。中央銀行が景気減速への対応で金融緩和をしても、…

引用元の詳しい内容はこちら

「株は破綻すると紙切れに?」紙切れにはならないから安心の投資信託

投資信託が破綻するとどうなる? 本来なら破綻なんてないほうがいいのですが、知っていれば やはり安心感は違いますよね。 残念なことに、金融機関や証券会社がつぶれないとは限らないのです。 もし万が一、投資信託を購入した関連会社が破綻したら、一体どうなってしまうのでしょう? 実は、日本では投資家のお金は保護…

引用元の詳しい内容はこちら

銀行が開示して判明! 投資信託「儲かる商品、損する商品」全実名(週刊現代) | マネー現代 | 講談社(1/3)

儲かる分野はここだ! 銀行で投資信託を購入した顧客の4割が運用損失を抱えている――。昨夏、金融庁が公表したデータは衝撃的だった。 「投資に不慣れな高齢者が、身近で信用度の高い銀行に資産運用の相談に行く。その結果、銀行員の言いなりになって、手数料の高い投資信託を買わされてしまうのです。 銀行側が手数料を…

引用元の詳しい内容はこちら

なぜ相場が下がっても放置すると儲けられるのか、その秘訣を教えてくれるコラム – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

なぜ相場が下がっても放置すると儲けられるのか、その秘訣を教えてくれるコラムが、現代マネーに掲載されていたのでご紹介します。 日本株の「クリスマス暴落相場」で株を投げ売った素人投資家の末路(山崎 俊輔) 日本株市場では昨年12月のクリスマスの急落相場で、驚いて自分の証券口座にログイン、損失額に真っ青にな…

引用元の詳しい内容はこちら

投資信託、顧客の4割が損失 金融庁が成績公表 – 産経ニュース

金融庁は7日、投資信託を購入した顧客の何割が利益を得たのかなどを明らかにするために金融機関向けに定めた「比較可能な共通指標(KPI)」について分析結果を公表した。投信を販売し、運用損益別の顧客の割合を開示した36金融機関では、単純平均で4割の顧客の運用損益がマイナスだった。含み益のある顧客が9割…

引用元の詳しい内容はこちら

投資信託、顧客の4割が損失 金融庁が成績公表 – 産経ニュース

金融庁は7日、投資信託を購入した顧客の何割が利益を得たのかなどを明らかにするために金融機関向けに定めた「比較可能な共通指標(KPI)」について分析結果を公表した。投信を販売し、運用損益別の顧客の割合を開示した36金融機関では、単純平均で4割の顧客の運用損益がマイナスだった。含み益のある顧客が9割…

引用元の詳しい内容はこちら

投資信託、顧客の4割が損失 金融庁が成績公表 – 産経ニュース

金融庁は7日、投資信託を購入した顧客の何割が利益を得たのかなどを明らかにするために金融機関向けに定めた「比較可能な共通指標(KPI)」について分析結果を公表した。投信を販売し、運用損益別の顧客の割合を開示した36金融機関では、単純平均で4割の顧客の運用損益がマイナスだった。含み益のある顧客が9割…

引用元の詳しい内容はこちら

金融所得の増税見送りへ 株価への影響考慮 政府・与党:朝日新聞デジタル

株式の配当などの金融所得への課税について、政府・与党は来年度の税制改正での増税を見送る方針を固めた。現状では、金融資産の多い富裕層ほど所得税の実質的な負担が軽くなることが課題になっていたが、株価への影響などを考えて見送ることにした。 所得税は現在、所得が多いほど税負担が重くなるよう、所得に応じて5…

引用元の詳しい内容はこちら