カテゴリー別アーカイブ: 思想

消費増税は景気回復を妨げる ポール・クルーグマン氏が語る日本経済の未来 | Web Voice

2018年12月25日の「クリスマス暴落」を口火に、株価の値下がりが続いている。一方、安倍政権は今年10月に消費税率を10%に引き上げる見込みだ。米中貿易戦争の行方、そして日本経済の未来について、ポール・クルーグマン氏が語る。 ※本稿は『Voice』2019年2月号、ポール・クルーグマン氏の「消費増税は景気回復を妨げる…

引用元の詳しい内容はこちら

「デフレ脱却まで消費増税は凍結すべきだ」 日銀前副総裁・岩田規久男氏に直撃インタビュー  (1/2ページ) – zakzak

日銀副総裁として大胆な金融緩和政策を主導し、3月に退任した岩田規久男氏(76)が夕刊フジのインタビューに応じた。5年の在任期間で雇用は大幅に改善したが、2%の物価安定目標達成はまだ遠い。岩田氏は、8%への消費増税が元凶だったとしたうえで、来年10月に予定されている10%への再増税は「凍結すべきだ…

引用元の詳しい内容はこちら

「デフレ脱却まで消費増税は凍結すべきだ」 日銀前副総裁・岩田規久男氏に直撃インタビュー  (1/2ページ) – zakzak

日銀副総裁として大胆な金融緩和政策を主導し、3月に退任した岩田規久男氏(76)が夕刊フジのインタビューに応じた。5年の在任期間で雇用は大幅に改善したが、2%の物価安定目標達成はまだ遠い。岩田氏は、8%への消費増税が元凶だったとしたうえで、来年10月に予定されている10%への再増税は「凍結すべきだ…

引用元の詳しい内容はこちら

みんな必読の岩田規久男『日銀日記』 – こら!たまには研究しろ!!

先週,岩田規久男前日本銀行副総裁の『日銀日記』が発売されました.すでに入手済みの方も多いかと思いますが,改めて本当にお薦め♪ 金融政策のお勉強と同時代史,日銀の中で何が行われているか・・・・・・同時に学べる本です.現在の金融緩和政策に好意的な人はもちろん,批判的な人にも楽しめるんじゃないかしら. 就任当…

引用元の詳しい内容はこちら

マイナス金利政策は収縮的か、拡張的か? – himaginaryの日記

Douglas L. Campbellが、マイナス金利は時に経済を収縮させる、という主旨のここで紹介したエガートソンらの論文を批判している。 I like the paper and see a clear contribution. However, I wish the authors would have framed the paper slightly differently. My reading is that they show that negative reserve…

引用元の詳しい内容はこちら

(インタビュー)民主主義と中央銀行 前日本銀行総裁・白川方明さん:朝日新聞デジタル

先進諸国が中央銀行に「独立性」を与えたのは近代社会の知恵だった。政治から距離をおいたほうが長期的には通貨の価値を守りやすいからだ。だが最近はどの国でも低成長が続き、より金融緩和を求める声が高まる。中銀への風当たりは厳しくなるばかり。民主主義のもとで中銀はどうあるべきなのか。前日本銀行総裁に聞いた…

引用元の詳しい内容はこちら

(インタビュー)民主主義と中央銀行 前日本銀行総裁・白川方明さん:朝日新聞デジタル

先進諸国が中央銀行に「独立性」を与えたのは近代社会の知恵だった。政治から距離をおいたほうが長期的には通貨の価値を守りやすいからだ。だが最近はどの国でも低成長が続き、より金融緩和を求める声が高まる。中銀への風当たりは厳しくなるばかり。民主主義のもとで中銀はどうあるべきなのか。前日本銀行総裁に聞いた…

引用元の詳しい内容はこちら

2%インフレ目標なんかいらない? – himaginaryの日記

ポール・ボルカーが下記の本を著し、それについてブルームバーグ論説を書いている。
以下はMostly Economicsからの孫引き。
In 1996, Federal Reserve Chairman Alan Greenspan had an exchange with Janet Yellen, then a member of the Fed’s Board of Governors, that presaged a major — and, I think, ill-advised …

引用元の詳しい内容はこちら

金融危機か、住宅バブル崩壊か:大不況の深刻化を巡るバーナンキとクルーグマンの論争・続き – himaginaryの日記

昨日紹介したバーナンキのエントリに、クルーグマンが「Steeper Versus Deeper (Wonkish)」と題したエントリで反論したほか、ディーン・ベーカーも異を唱えた。
以下はベーカーの論点の概要。
金融危機が、住宅価格の低下と、住宅バブルがもたらした消費ブームの終わりを(いずれも既に進行していたが)早めたことに異論…

引用元の詳しい内容はこちら

金融危機か、住宅バブル崩壊か:大不況の深刻化を巡るバーナンキとクルーグマンの論争 – himaginaryの日記

昨日エントリでは、10年前の危機の本質は信用不安であって住宅バブルの崩壊ではない、というバーナンキ=ポールソン=ガイトナー見解と、財政刺激策こそが対処策として重要、というサマーズの見解を対照させたDavid Warshのエントリを紹介した。一方、クルーグマンがそこで言うサマーズ見解と同じ立場に立ってバーナンキ…

引用元の詳しい内容はこちら