カテゴリー別アーカイブ: 思想

「トランプ再選」がアメリカのために必要な理由|文藝春秋digital

トランプの人格や発言は耐えがたく、人としてとても許容できない。それでも私は「トランプ当選」を望む。その理由をお話ししよう。/文・エマニュエル・トッド(歴史人口学者) <この記事のポイント> ●今の米国は「分裂状態」と「良好な経済状態」という二つの矛盾した現実がぶつかり合っている ●高学歴エリートはリベ…

引用元の詳しい内容はこちら

「トランプ再選」がアメリカのために必要な理由|文藝春秋digital

トランプの人格や発言は耐えがたく、人としてとても許容できない。それでも私は「トランプ当選」を望む。その理由をお話ししよう。/文・エマニュエル・トッド(歴史人口学者) <この記事のポイント> ●今の米国は「分裂状態」と「良好な経済状態」という二つの矛盾した現実がぶつかり合っている ●高学歴エリートはリベ…

引用元の詳しい内容はこちら

元日銀参事・岩村充氏があぶりだす「黒田バズーカ」の本質|日刊ゲンダイDIGITAL

2013年4月に始まった日銀の異次元金融緩和。丸7年、吹かし続け、27日、国債買い入れ上限撤廃というさらなる追加緩和が決まった。だが、黒田バズーカは、本当に経済成長をもたらしたのか。長期の緩和やゼロ金利によって、誰が得をして誰が損をしたのか――。元日銀マンが本質をあぶりだす。 ◇  ◇  ◇ ――異次元金…

引用元の詳しい内容はこちら

元日銀参事・岩村充氏があぶりだす「黒田バズーカ」の本質|日刊ゲンダイDIGITAL

2013年4月に始まった日銀の異次元金融緩和。丸7年、吹かし続け、27日、国債買い入れ上限撤廃というさらなる追加緩和が決まった。だが、黒田バズーカは、本当に経済成長をもたらしたのか。長期の緩和やゼロ金利によって、誰が得をして誰が損をしたのか――。元日銀マンが本質をあぶりだす。 ◇  ◇  ◇ ――異次元金…

引用元の詳しい内容はこちら

社会主義復活のヤバい風潮が…!リーマンショック後の長期停滞の悲劇(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

「長期停滞」から抜け出すために リーマンショック後の世界経済は「長期停滞」と呼ばれている。 この「長期停滞」という言葉は、2013年11月のIMFの会議の席上、米国の著名経済学者であるハーバード大学のローレンス・サマーズ氏が用い、それが徐々に普及、定着したものであるが、元々は、大恐慌直後の1938年の米国経済学…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀の「量的・質的金融緩和レジーム」は本当に毀損したのか?(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

「金融政策無効論」をどう見るか 景気の先行きを懸念する声が世界中で強まっているが、日本もその例外ではない。その中で、景気対策として、金融政策だけではなく、財政政策も発動すべきという議論が世界的な潮流になりつつある。 ここ数年、絶えずリセッション懸念が囁かれてきた米国で、トランプ政権による大型減税や…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀の「量的質的緩和政策」は本当に限界を迎えつつあるのか(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/5)

日銀による金融政策の現状 9月17、18日のFOMC(米国FRBによる連邦公開市場委員会)に続き、9月18、19日には日銀の金融政策決定会合が開催される。 FOMCでは25bp(0.25%)程度の利下げが予想されている。一方、日銀会合では、政策変更なしが市場のコンサンサスになっているようだ。本コラムが掲載される頃にはFOMCの結果…

引用元の詳しい内容はこちら

商品貨幣論とは (ショウヒンカヘイロンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

商品貨幣論単語 ショウヒンカヘイロン ほめる6 掲示板へ 記事編集 概要商品貨幣論の問題点商品貨幣論の信奉者たち関連動画関連静画関連商品関連項目掲示板商品貨幣論とは、貨幣(いわゆるお金)の成り立ちに関する誤った通説である。近年ではこの説を信じている専門家はほとんどいないが、理解しやすいので商品貨幣論か…

引用元の詳しい内容はこちら

MMT(現代貨幣理論)の批判的検討(6完)─正統派との共存可能性 | 野口旭 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

●これまでの記事はこちら <モズラーによって発見されたMMTの中核命題や、それに基づく会計分析それ自体は、必ずしも正統派と共存不可能ではない……> 経済学派としてのMMTの一つの大きな特徴は、自らを正統派と対峙する異端派として位置付け、現代の主流派マクロ経済学を全体として拒絶している点にある。その主流派…

引用元の詳しい内容はこちら

MMT(現代貨幣理論)の批判的検討(6完)─正統派との共存可能性 | 野口旭 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

●これまでの記事はこちら <モズラーによって発見されたMMTの中核命題や、それに基づく会計分析それ自体は、必ずしも正統派と共存不可能ではない……> 経済学派としてのMMTの一つの大きな特徴は、自らを正統派と対峙する異端派として位置付け、現代の主流派マクロ経済学を全体として拒絶している点にある。その主流派…

引用元の詳しい内容はこちら