カテゴリー別アーカイブ: 年金

現役リーマンの将来年金が月20万円、高齢者に食われて消える大問題(橘 玲) | マネー現代 | 講談社(1/4)

「厚生年金に加入しよう!」という陰謀論 金融庁の報告書に端を発した「老後2000万円不足問題」について関連する情報をTweetしたところ、私としてはかなり大きな反響を得た。 そこで驚いたのは、国民年金と厚生年金のちがいを理解しているひとがものすごく少ないことだ。メディアでは「国民年金はもらえる年金が少ないの…

引用元の詳しい内容はこちら

GPIF、18年度運用益2.3兆円 海外株回復が貢献  :日本経済新聞

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が5日発表した2018年度の運用実績は2兆3795億円の黒字と、3期連続で運用益を確保した。期間の損益率はプラス1.52%(前期はプラス6.90%)となった。18年10~12月期には四半期として最大の14兆円の運用損を計上したが、期末にかけて米連邦準備理事会(FR…

引用元の詳しい内容はこちら

金融庁の報告書が実はとんでもない軽挙のワケ | 政策 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

金融庁審議会の市場WG(ワーキンググループ)の報告書で世間は炎上しているようで――そのきっかけは、金融庁WG報告を次のように報道した朝日新聞の記事だったとのことである。 報告書案によると、年金だけが収入の無職高齢夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)だと、家計収支は平均で月約5万円の赤字。蓄えを取り崩しながら20…

引用元の詳しい内容はこちら

“老後2000万円” 報告書まとめた担当局長退任へ 金融庁 | NHKニュース

金融庁の幹部人事が発表され、老後の資産形成に関して「およそ2000万円が必要になる」などとした審議会の報告書を取りまとめた担当局長が退任することになりました。局長クラスは、定年を延長して引き続き務めるケースもあるということですが、今回は定年を理由に退任するということです。 三井局長は「老後に2000万円が…

引用元の詳しい内容はこちら

年金制度に「不安感じる」83%…読売世論調査(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

読売新聞社が6月28~30日に実施した全国世論調査で、国の年金制度に不安を「感じる」と答えた人は83%で、「感じない」の14%を大きく上回った。金融庁の有識者会議が、老後の夫婦の生活資金として、年金のほかに2000万円が必要だとする報告書を公表したことも影響したとみられる。麻生金融相が、この報告…

引用元の詳しい内容はこちら

経産省に独自試算、老後に必要な蓄えは「2895万円」:朝日新聞デジタル

経済産業省が4月に、老後に必要な蓄えを「2895万円」とする独自の試算を審議会に示していたことがわかった。老後の資金をめぐっては、金融庁の審議会がまとめた「約2千万円が必要」とする報告書の受け取りを麻生太郎金融相が拒否した。「政策スタンスと異なる」とする政府の説明とは裏腹に、年金だけでは不十分な…

引用元の詳しい内容はこちら

経産省に独自試算、老後に必要な蓄えは「2895万円」:朝日新聞デジタル

経済産業省が4月に、老後に必要な蓄えを「2895万円」とする独自の試算を審議会に示していたことがわかった。老後の資金をめぐっては、金融庁の審議会がまとめた「約2千万円が必要」とする報告書の受け取りを麻生太郎金融相が拒否した。「政策スタンスと異なる」とする政府の説明とは裏腹に、年金だけでは不十分な…

引用元の詳しい内容はこちら

「年金デモ」やるよりも、「積み立てNISA」やった方が合理的だ。 – sakigake news

20年前、会社の上司(当時45歳)から、たびたびこんなことを言われました。 「老後のことを考えて、 給料天引きで、毎月1万円ぐらいは、 財形貯蓄をやっておいた方がいいよ」 当時の僕は、なんで今から老後のことなんて考えなくちゃいけないんだ、と思っていました。 だから、当然、貯蓄なんてしていませんでした。…

引用元の詳しい内容はこちら

「年金あてにせずマネーゲームと自己責任で2千万円貯蓄せよ」とする報告書の異常――麻生財務大臣が受け取り拒否しても「年金100年安心」などとした政府の失敗は消せない | 福祉国家構想研究会blog

「年金あてにせずマネーゲームと自己責任で2千万円貯蓄せよ」とする報告書の異常――麻生財務大臣が受け取り拒否しても「年金100年安心」などとした政府の失敗は消せない 金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」の報告書はひどい代物だが、主張は明快だ。高齢者の夫婦世帯の家計が月平均5万円の赤字で、貯蓄が…

引用元の詳しい内容はこちら

「年金2,000万円不足問題」の火付け役になった朝日新聞の自殺行為 | 文春オンライン

さっきスポーツ報知を見ていたら、ラサール石井が年金問題で与太話を飛ばす堀江貴文に文句を言っているという素敵なニュースに接し、素晴らしい昼下がりのひとときを送りました。 こういうときほど「あっ、共倒れしないかな」って思っちゃいますよね。 本当のことを言うにもタイミングがあるだろう それにしても、どうも…

引用元の詳しい内容はこちら