カテゴリー別アーカイブ: 安倍政権

竹中平蔵氏 安倍首相の諮問会議で非公表の内部資料を国交省に開示させていた 本誌の情報公開で発覚 (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

安倍晋三首相が議長を務める諮問会議「未来投資会議」やその分科会の議事メモはこれまで公表されていたが、今年1月の会議だけは公表されなかったことが本誌の調べでわかった。東洋大教授でオリックス社外取締役の竹中平蔵氏(69)が会長を務める会議で、空港事業などについて議論された。内容を知るべく情報公開請求した…

引用元の詳しい内容はこちら

安倍首相 「リーマン時上回る緊急経済対策 10日程度のうちに」 | NHKニュース

安倍総理大臣は28日記者会見し、新型コロナウイルスの感染抑制は長期戦になるとしたうえで、今後10日程度で、リーマンショックの際を上回る規模の緊急経済対策を策定し、新年度の補正予算案を編成する考えを示しました。また、収入が減少し、生活が困難になるおそれがある世帯などに対象を絞って、現金給付を行う方針を…

引用元の詳しい内容はこちら

[コロナ関連]五輪は開催したいという以外に安倍首相のやりたいことは不明|法律|自民党とその関連の記事|自民党政権|国政|政治|社会|横浜センチュリー

新型コロナウイルスに対しても緊急事態宣言ができるよう新型インフルエンザ対策特別措置法が改正されたが、14日の首相の会見によると、現時点で緊急事態宣言を発動する予定は無いという。 時事通信の報道を見る限り安倍首相の考えとしてわかることは、次の通りだ。 ㊀現状はオリンピックが開催できるようにすることが最…

引用元の詳しい内容はこちら

経済への影響はSARSより大きくなる可能性 日銀黒田総裁 | NHKニュース

新型のコロナウイルスの感染拡大について、日銀の黒田総裁は衆議院予算委員会で、2003年に感染が広がったSARSの時よりも経済への影響が大きくなる可能性を指摘したうえで、日本経済や金融市場の動向に最大限の注意を払っていく考えを示しました。 そのうえで「わが国の経済や物価に与える影響、今後の金融市場の動向…

引用元の詳しい内容はこちら

北海道地震、未曽有の大停電は菅直人にも責任がある

9月6日深夜3時8分、北海道を襲った最大震度7の地震は、道内全域をブラックアウト(停電)に陥れた。私たちは広域停電の恐怖をまざまざと見せつけられたのである。295万戸が停電し、発生から丸1日たっても約131万戸分しか電源は回復しなかった。完全復旧には1週間以上かかる見通しだ。 道内全域の長時間にわ…

引用元の詳しい内容はこちら

「蓄える上に年金払うの嫌」老後2千万円報告書に戸惑い:朝日新聞デジタル

老後の蓄えとして「30年間で2千万円が必要」――。金融庁の審議会がまとめた報告書に対し、街では不安や戸惑いの声が聞かれた。一方で、「年金制度が崩壊するのは目に見えている」と資産運用を意識する人もいた。 「今から2千万円なんて、とうてい無理」。11日夜、JR有楽町駅前で帰路に就いていた埼玉県川口市の男…

引用元の詳しい内容はこちら

「老後2000万円」問題のあまりに残念なすれ違い | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

安倍首相は「金融庁報告書は不正確で誤解を与えた」と釈明。筆者は「年金」についての「議論のすれ違い」を指摘する(写真:共同通信) 金融庁の「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書」(6月3日)がここしばらく、話題になっています。7日にも麻生太郎財務大臣が「表現が不適切だった」などとコメントしましたが、…

引用元の詳しい内容はこちら

株急落で政府・日銀が会合 「景気回復は継続」確認 | 共同通信

財務省と日銀、金融庁は25日、東京市場の株価急落を受け、幹部による情報交換会合を開いたと発表した。関係者によると「緩やかな景気回復が続いている」との現状認識を確認したという。 会合では、前週末の欧米株安や、米債券市場で景気後退の予兆とされる「長短金利の逆転現象」(逆イールド)が発生したことなどについ…

引用元の詳しい内容はこちら

30、40代「貯金ゼロ」が23% SMBCの金銭感覚調査 – 毎日新聞

SMBCコンシューマーファイナンスは6日、30~40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が前年比6ポイント増の23.1%になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の…

引用元の詳しい内容はこちら

30、40代「貯金ゼロ」が23% SMBCの金銭感覚調査 – 毎日新聞

SMBCコンシューマーファイナンスは6日、30~40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が前年比6ポイント増の23.1%になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の…

引用元の詳しい内容はこちら