カテゴリー別アーカイブ: 外交

トルコ・リラ暴落を招いた“もう一つの暗闘”:日経ビジネスオンライン

トルコの通貨「リラ」が暴落。年初に比べてすでに40%安となった。
5年前1リラは約55円、今年初めは30円、それが18円にまで落ちた(8月17日現在)。対ドルで見ると2013年には1ドル=約1.8リラだったが、13日には1ドル=7.2リラとなり最安値を更新。輸入する石油のリラ建ての価格などが大きく値上がりし、国内でさらなる…

引用元の詳しい内容はこちら

ドル高で米国の覇権が復活する!:日経ビジネスオンライン

森 永輔
日経ビジネス副編集長
早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。
この著者の記事を見る

引用元の詳しい内容はこちら

トランプ、金正恩へ米朝首脳会談中止のお祈りメール : 市況かぶ全力2階建

金正恩氏の訪中や南北首脳会談、核実験中止表明など北朝鮮の軟化姿勢により大賑わいなのが北朝鮮と接する遼寧省丹東市の不動産業界。一部地域は価格が50%も暴騰するなど全国各地から物件を求める人たちが殺到、丹東不動産登記センターも1日の処理能力260件をオーバーし、予約制になるほど。 pic.twitter.com/nBzimeQ1w9

引用元の詳しい内容はこちら

OPEC総会よりも心配なサウジのメルトダウン 絵空事ではない原油供給ストップ、日本の備えは大丈夫か

サウジアラビア首都リヤドにある高級ホテル「リッツ・カールトン」。身柄拘束された王子らの「留置場」になっているとされる(2017年11月5日撮影)。(c)AFP/FAYEZ NURELDINE 〔AFPBB News〕
キーストンパイプライン(カナダからサウスダコダ州、オクラホマ州などを経てテキサス州へ輸送)の原油漏れ事故の影響で11月17日…

引用元の詳しい内容はこちら

イラン産原油輸入停止 元売り「八方ふさがり」 金融決済や海運、埋められた外堀(写真=ロイター) :日本経済新聞

日本の石油元売りが5日までにイラン産原油の輸入を一時停止した。イラン制裁を再開した米トランプ政権が各国にイラン産原油の輸入停止を求め、元売り各社が応じた。日本は2度の石油危機以降、安定供給のため原油の調達先を増やしてきたが、米国の外交圧力に抗しきれなかった。元売りを揺さぶった輸入停止までの内幕を…

引用元の詳しい内容はこちら

トルコ・リラ暴落を招いた“もう一つの暗闘”:日経ビジネスオンライン

トルコの通貨「リラ」が暴落。年初に比べてすでに40%安となった。
5年前1リラは約55円、今年初めは30円、それが18円にまで落ちた(8月17日現在)。対ドルで見ると2013年には1ドル=約1.8リラだったが、13日には1ドル=7.2リラとなり最安値を更新。輸入する石油のリラ建ての価格などが大きく値上がりし、国内でさらなる…

引用元の詳しい内容はこちら

サウジアラビアとカナダの紛争が、派手に拡大中〜人権問題巡り投資凍結や大使追放まで – Togetter

サウジアラビアが国内”改革”を始めたり、オバマ政権のころから米国と距離を置き始めたり、なにやら不穏な空気が以前から漂ってたのだけど、人権問題で西側の国と正面から対立するという展開になりました(今までなぜか無かったんだが…)。どう決着つくでしょうか。日本とはちょっと離れた案件だけど、重要度は結構高いかも

引用元の詳しい内容はこちら

ドル高で米国の覇権が復活する!:日経ビジネスオンライン

森 永輔
日経ビジネス副編集長
早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。
この著者の記事を見る

引用元の詳しい内容はこちら