カテゴリー別アーカイブ: 報道

東証1部企業数絞り込み、3割減も 英文開示も義務化  :日本経済新聞

東京証券取引所は、2100社超ある東証1部の上場企業数を絞り込む。時価総額の基準を引き上げ、英文開示なども義務付ける。1部の上場企業数は3割程度減る可能性がある。優良企業が集まる上位市場の位置づけを明確にし、日本市場の国際競争力を高める。中堅と新興企業向けは、現行の3市場から「新興」と「スタンダード」の2…

引用元の詳しい内容はこちら

外貨建て保険の販売是正 生保・銀行、顧客置き去り  :日本経済新聞

顧客から「利回りやリスクの説明が不十分」との苦情が増えていた外貨建て保険。生命保険会社や銀行は問題が指摘されてから1年以上たってようやく販売方法の見直しに乗り出した。保険商品をつくる生保と売り手の銀行の双方に顧客に説明する責任感が欠けていたところに、外貨建て保険が収益源として浮上。顧客にリスクをき…

引用元の詳しい内容はこちら

首相、8社の対米投資計画説明  トランプ氏に昨年 (写真=共同) :日本経済新聞

安倍晋三首相がトランプ米大統領に、日本企業が米国で3万7千人の雇用創出と2兆円超の投資をすると説明していたことが7日分かった。昨年9月の首脳会談でトヨタ自動車やパナソニックなど8社の7事例を記したイラストを用いて伝えた。対日貿易赤字の削減を求めるトランプ氏の圧力を緩めようと腐心したことがうかがえる。 ト…

引用元の詳しい内容はこちら

セブン、譲れぬ24時間営業 高収益モデル岐路に  :日本経済新聞

人手不足や人件費の上昇によってコンビニエンスストアのビジネスモデルが揺れている。フランチャイズチェーン(FC)加盟店から要請が強まる中、セブン―イレブン・ジャパンは一部店舗で時短営業の実験を始める方針だが、なお「決して24時間営業の原則を変えるわけではない」と強調する。FCの会計方式や効率的な物流などと…

引用元の詳しい内容はこちら

トランプ氏「本当なら失望」、北朝鮮のミサイル拠点復旧で (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は6日、北朝鮮が北西部・東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場の復旧を進めているとの情報について「本当にそうならとても残念だ。金正恩(キム・ジョンウン)委員長に失望するだろう」と語った。ホワイトハウスで記者団の質問に答えた。 トランプ氏は「まだ初期段階のリポート…

引用元の詳しい内容はこちら

激化する米国のETF手数料引き下げ競争(NRI研究員の時事解説) – Yahoo!ニュース

大手運用会社の米バンガード・グループは、米国で、10本のETF(上場投資信託)の運用管理手数料(信託報酬)を引き下げることを決めた。これは、資産運用会社による手数料引き下げ競争を、一段と激化させるものとなろう。 手数料引き下げの対象となるバンガードのETFには海外株式・債券も含まれ、その時価総額は1,750億…

引用元の詳しい内容はこちら

トランプ氏「強すぎるドル求めず」 FRBを再び批判 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は2日、共和党関連の行事で演説し、中央銀行の金融引き締め策がドル高を招き、米経済に悪影響を及ぼしているとして米連邦準備理事会(FRB)を再び批判した。FRBは1月、2019年に2回想定していた追加利上げを見送って「当面は様子見する」方針を示しているが、トランプ氏は改めて…

引用元の詳しい内容はこちら

アメリカで「不良債権投資」が大流行。日本のアパートローン問題が破裂すると…… | BUSINESS INSIDER JAPAN

2008年9月に破産した米投資銀行リーマン・ブラザーズ。サブプライムローン(=信用力の低い低所得者向けの住宅ローン)を証券化した商品を大量に抱え込み、住宅バブルの崩壊でそれらが一挙に不良債権化したことが発端だった。 REUTERS/Brendan McDermid 筆者は勤務先の大学で、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)…

引用元の詳しい内容はこちら

金融庁:3メガ銀や農林中金など一斉調査、CLO投資で-関係者 – Bloomberg

今回の調査の対象金融機関はMUFG、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、りそなホールディングス、三井住友トラスト・ホールディングス、農林中金、ゆうちょ銀行。うち、事前調査でCLO投資残高の大きかった農林中金、ゆうちょ銀行、MUFGに対してはより重点的な調査を実施したとい…

引用元の詳しい内容はこちら