カテゴリー別アーカイブ: 危機

「リーマン級の危機」が、予想外のプロセスでやってくる可能性(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

政府の見解は本当か 5月10日に発表された2019年1-3月期のGDP第一次速報値の内容は衝撃的であった。 実質GDP成長率自体は、季節調整済み前期比(年率換算)で+2.1%と予想外のプラス成長だったが、このヘッドラインの数字をもって「景気が底堅い」と判断した人は、ごく少数だった。 最近はあまりにミスリーディングな報道…

引用元の詳しい内容はこちら

日本のGDP、リーマン級の危機はなくても結果は「最悪」だった(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/3)

表面的には「良い結果」だが 5月初旬にも妥結するのではないかとみられていた米中貿易交渉が米トランプ政権側から反故にされ、逆に中国からの輸入品に対し25%の制裁関税が課せられる事態となった。これに対し、中国側も6月から米国からの輸入品に対して制裁関税を課すことを決めた。 ベネズエラを中心とする中南米の政…

引用元の詳しい内容はこちら

日本のGDP、リーマン級の危機はなくても結果は「最悪」だった(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/3)

表面的には「良い結果」だが 5月初旬にも妥結するのではないかとみられていた米中貿易交渉が米トランプ政権側から反故にされ、逆に中国からの輸入品に対し25%の制裁関税が課せられる事態となった。これに対し、中国側も6月から米国からの輸入品に対して制裁関税を課すことを決めた。 ベネズエラを中心とする中南米の政…

引用元の詳しい内容はこちら

理性としての「反緊縮」 – 梶ピエールのブログ

黒い匣 (はこ) 密室の権力者たちが狂わせる世界の運命――元財相バルファキスが語る「ギリシャの春」鎮圧の深層 作者: ヤニスバルファキス,朴勝俊,山崎一郎,加志村拓,青木嵩,長谷川羽衣子,松尾匡出版社/メーカー: 明石書店発売日: 2019/04/19メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 果たして、どれだけの日本人が、20…

引用元の詳しい内容はこちら

消費増税は「延期」ではなく「凍結」すべき、これだけの理由(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/3)

統一地方選結果のインプリケーション 10連休という超大型連休を前に、にわかに政局が動き始めた。そのきっかけは、4月19日にDHCテレビのインターネット番組「虎ノ門ニュース」において、自民党の萩生田光一幹事長代理が、「6月日銀短観の結果如何では消費増税の再延期もあり得るし、その場合には国民に信を問う必要があ…

引用元の詳しい内容はこちら

米大統領、改めて利下げ要求 政治介入に危うさ  :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】トランプ米大統領が人事権を行使して米連邦準備理事会(FRB)に金融緩和への圧力を強めている。自らに近い元実業家と経済評論家の2人を理事に指名すると表明、5日には「個人的にはFRBは利下げすべきだと思う」と明言した。過大債務や資産バブルの懸念が残るなか、政治の介入が強まり中央銀行の独…

引用元の詳しい内容はこちら

アベノミクスの「リフレ政策」は本当に失敗だったか…ひとつの分析(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/3)

日銀の物価安定目標 まだ少し先の話だが、5月25日に開催される金融学会で「中央銀行パネル」というセッションに参加することになった。 金融学会のコンセンサスは現状のリフレ政策には否定的で、「何の効果もなかった」と言いたい人も少なからずいると推測する。ただ、欠席裁判みたいな形で批判しあっても生産的ではない…

引用元の詳しい内容はこちら

デイビット・アンドルファット「日本のインフレ目標の失敗」(2016年11月29日) — 経済学101

David Andolfatto “The failure to inflate Japan” MacroMania, November 29, 2016 2013年1月22日,日本政府と日本銀行はデフレの克服と持続可能な経済成長を達成するという異例の共同声明を発表した。この声明の目的は2%のインフレ目標を導入することだった。これが共同で発表されたのは,金融当局と財政当局が自分たち…

引用元の詳しい内容はこちら

黒田総裁はやっぱり日本経済の「どえらいリスク」だった 田中秀臣の超経済学

日本経済の景気減速が顕著になる中で、10月に予定されている消費税率10%への引き上げに対する懸念が増している。他方で「消費増税応援団」の活動も活発化してきている。 その中で最大の主役の一人、日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁の消費増税「応援発言」がまたもや出てきた。日銀の岩田規久男前副総裁「告発の…

引用元の詳しい内容はこちら

黒田総裁はやっぱり日本経済の「どえらいリスク」だった 田中秀臣の超経済学

日本経済の景気減速が顕著になる中で、10月に予定されている消費税率10%への引き上げに対する懸念が増している。他方で「消費増税応援団」の活動も活発化してきている。 その中で最大の主役の一人、日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁の消費増税「応援発言」がまたもや出てきた。日銀の岩田規久男前副総裁「告発の…

引用元の詳しい内容はこちら