カテゴリー別アーカイブ: 危機

圧倒的な不平等が世界にいずれ蔓延する理由 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

AI(人工知能)プロファイリングが進むと社会的排除をもたらす「ディストピア」へと展開しかねない(デザイン:新藤 真実、写真:seyfettinozel/Getty Images) 世界中の知識人から賞賛を浴び、全世界で800万部を突破したベストセラー『サピエンス全史』。7万年の軌跡というこれまでにない壮大なスケールで人類史を描い…

引用元の詳しい内容はこちら

ゴーン会長、投資名目資金で自宅購入か 20億円超  :日本経済新聞

日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が報酬を過少申告したとして金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕された事件で、ゴーン会長がベンチャー投資名目で海外子会社を作り、自宅用の高級住宅を購入させていた疑いがあることが20日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部も同様の事実…

引用元の詳しい内容はこちら

ゴーン会長、投資名目資金で自宅購入か 20億円超  :日本経済新聞

日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が報酬を過少申告したとして金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕された事件で、ゴーン会長がベンチャー投資名目で海外子会社を作り、自宅用の高級住宅を購入させていた疑いがあることが20日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部も同様の事実…

引用元の詳しい内容はこちら

[FT]かすむ脱デフレ、日本は昔と同じ過ちを犯すのか  :日本経済新聞

1997年4月、日本は消費税を引き上げ、期待された景気回復が景気後退に転じた。2000年8月と06年7月には日銀が利上げに踏み切り、結局、景気後退に陥ると利下げする羽目になった。これらに動じず、安倍晋三首相は14年4月に消費税を引き上げた。その結果はといえば、新たな景気後退だった。 ここには、ちょっとしたパターン…

引用元の詳しい内容はこちら

[FT]かすむ脱デフレ、日本は昔と同じ過ちを犯すのか  :日本経済新聞

1997年4月、日本は消費税を引き上げ、期待された景気回復が景気後退に転じた。2000年8月と06年7月には日銀が利上げに踏み切り、結局、景気後退に陥ると利下げする羽目になった。これらに動じず、安倍晋三首相は14年4月に消費税を引き上げた。その結果はといえば、新たな景気後退だった。 ここには、ちょっとしたパターン…

引用元の詳しい内容はこちら

「デフレ脱却まで消費増税は凍結すべきだ」 日銀前副総裁・岩田規久男氏に直撃インタビュー  (1/2ページ) – zakzak

日銀副総裁として大胆な金融緩和政策を主導し、3月に退任した岩田規久男氏(76)が夕刊フジのインタビューに応じた。5年の在任期間で雇用は大幅に改善したが、2%の物価安定目標達成はまだ遠い。岩田氏は、8%への消費増税が元凶だったとしたうえで、来年10月に予定されている10%への再増税は「凍結すべきだ…

引用元の詳しい内容はこちら

「デフレ脱却まで消費増税は凍結すべきだ」 日銀前副総裁・岩田規久男氏に直撃インタビュー  (1/2ページ) – zakzak

日銀副総裁として大胆な金融緩和政策を主導し、3月に退任した岩田規久男氏(76)が夕刊フジのインタビューに応じた。5年の在任期間で雇用は大幅に改善したが、2%の物価安定目標達成はまだ遠い。岩田氏は、8%への消費増税が元凶だったとしたうえで、来年10月に予定されている10%への再増税は「凍結すべきだ…

引用元の詳しい内容はこちら

(インタビュー)民主主義と中央銀行 前日本銀行総裁・白川方明さん:朝日新聞デジタル

先進諸国が中央銀行に「独立性」を与えたのは近代社会の知恵だった。政治から距離をおいたほうが長期的には通貨の価値を守りやすいからだ。だが最近はどの国でも低成長が続き、より金融緩和を求める声が高まる。中銀への風当たりは厳しくなるばかり。民主主義のもとで中銀はどうあるべきなのか。前日本銀行総裁に聞いた…

引用元の詳しい内容はこちら

(インタビュー)民主主義と中央銀行 前日本銀行総裁・白川方明さん:朝日新聞デジタル

先進諸国が中央銀行に「独立性」を与えたのは近代社会の知恵だった。政治から距離をおいたほうが長期的には通貨の価値を守りやすいからだ。だが最近はどの国でも低成長が続き、より金融緩和を求める声が高まる。中銀への風当たりは厳しくなるばかり。民主主義のもとで中銀はどうあるべきなのか。前日本銀行総裁に聞いた…

引用元の詳しい内容はこちら

金融危機か、住宅バブル崩壊か:大不況の深刻化を巡るバーナンキとクルーグマンの論争・続き – himaginaryの日記

昨日紹介したバーナンキのエントリに、クルーグマンが「Steeper Versus Deeper (Wonkish)」と題したエントリで反論したほか、ディーン・ベーカーも異を唱えた。
以下はベーカーの論点の概要。
金融危機が、住宅価格の低下と、住宅バブルがもたらした消費ブームの終わりを(いずれも既に進行していたが)早めたことに異論…

引用元の詳しい内容はこちら