カテゴリー別アーカイブ: 人工知能

ソフトバンクG、最終利益1兆円超 4~6月期 – 産経ニュース

ソフトバンクグループが7日発表した令和元年4~6月期連結決算は、最終利益が前年同期比約3・6倍の1兆1217億円だった。傘下の中国電子商取引(EC)大手アリババグループの一部株式売却に絡む金融取引による利益が寄与した。巨額ファンドの評価益も貢献した。 売上高は2・8%増の2兆3363億円。 ソフト…

引用元の詳しい内容はこちら

「日本はAI後進国」「早く自覚してほしい」 ソフトバンク孫社長が憂慮 – ITmedia NEWS

ソフトバンクグループの孫正義社長(兼会長)が「日本はAI後進国になってしまった」と発言。「投資したくても、日本ではAI関連ユニコーン企業がまだ生まれていない」と指摘する。 ソフトバンクグループの孫正義社長(兼会長)が7月18日、イベント「SoftBank World 2019」に登壇し、「日本はAI後進国になってしまった」と…

引用元の詳しい内容はこちら

「日本はAI後進国」「早く自覚してほしい」 ソフトバンク孫社長が憂慮 – ITmedia NEWS

ソフトバンクグループの孫正義社長(兼会長)が「日本はAI後進国になってしまった」と発言。「投資したくても、日本ではAI関連ユニコーン企業がまだ生まれていない」と指摘する。 ソフトバンクグループの孫正義社長(兼会長)が7月18日、イベント「SoftBank World 2019」に登壇し、「日本はAI後進国になってしまった」と…

引用元の詳しい内容はこちら

AI時代へ向けて育成すべきはAI人材か?|masanork|note

今年3月に政府のAI戦略が年間25万人を目標にAI人材を育てるとぶち上げたのに続いて、教育再生会議が全ての大学生がAIなどの基礎的な素養を身につけられるように標準カリキュラムを作成することを提言した。ガートナーが2017年1月に産業界で2020年末時点で30万人以上のAI人材が不足するといったらしいのだが、今からカリ…

引用元の詳しい内容はこちら

それは三木谷浩史社長の「決断」から始まった。証券トップがいま明かす、楽天グループ金融事業「創世記」 | BUSINESS INSIDER JAPAN

楽天証券、楽天銀行を楽天カード傘下に置くなど、2019年4月1日に大規模な組織改編を行った楽天グループ。 Shutterstock.com 4月1日、次なる発展段階へと向かって、グループ間シナジーを最大化するための大きな組織改編を行った楽天グループ。 その中核となる金融事業は、実は銀行でもカードでもなく、証券への進出から始…

引用元の詳しい内容はこちら

元経済ヤクザが明かす、人工知能との「仁義なき投資戦争」の壮絶現場(猫組長(菅原潮)) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

米中はいま、経済戦争の余波を受けてリセッション(景気後退局面)に向けてチキンレースの真っ最中だ。資金の逃避地として日本の金融市場にマネーが流れてくるのか、あるいはアメリカ市場に引きずられて下り坂に入るのか――いずれにせよ、間もなく日本株市場が乱高下する時期がやってくるのは間違いないと私は考えている…

引用元の詳しい内容はこちら

ドワンゴ、川上量生さん肝いりの人工知能研究所の閉所を発表:川上量生さんとの訴訟を生暖かく見守る会 – ブロマガ

すでにアナウンスはされていましたが、ドワンゴ人工知能研究所の閉所が昨日3月31日に発表されました。 ドワンゴ人工知能研究所 閉所のお知らせ http://ailab.dwango.co.jp/mission/ ドワンゴと日本の人工知能研究界隈のつながりは深く、ここで改めて書くまでもありませんが、そもそもが川上量生さんの着想や人工知能への…

引用元の詳しい内容はこちら

「ドワンゴ人工知能研究所」が閉鎖 – ITmedia NEWS

「次世代への贈り物となる人工知能の創造」をビジョンに掲げ、教育やエネルギー、環境、貧困、セキュリティ問題など人類の課題に貢献できる日本発の高度な人工知能の実現を目指していた。 山川宏所長は、これまでの研究や人材育成などを通して「脳型汎用人工知能の開発にむけた礎を築けてきたと考えております」とコメン…

引用元の詳しい内容はこちら

グーグルの自動運転Waymoが大きくリード。自動運転開発競争に終止符か。 | YUTAの米国株投資ブログ

1歩も2歩も先をいくGoogleの自動運転車Waymo 少々早いですが、自動運転技術の開発競争はすでに勝負がついている可能性が高いです。 そのトップに立ったのは、やはりGoogleでした。 Google(の親会社アルファベット)傘下で自動運転車を開発しているWaymoが2018年末に世界初の自動運転配車サービスを開始し、量産化にむ…

引用元の詳しい内容はこちら

日本のIT投資 不足深刻 25年、システム6割が老朽化  :日本経済新聞

日本企業のIT(情報技術)投資が足りない。新しい製品やサービスをつくるためのシステム投資は鈍く、限られた投資の大半が古いシステムの保守や点検にまわっている。経済産業省は2025年には6割の日本企業で基幹システムが老朽化すると推計した。ビッグデータや人工知能(AI)を使うビジネスに、多くの日本企業が乗り遅れ…

引用元の詳しい内容はこちら