カテゴリー別アーカイブ: 中国

京都にホテル続々 中国や台湾から投資マネー、生活翻弄も(京都新聞) – Yahoo!ニュース

グレーの覆いに囲まれた巨大な現場で時折、工事の火花が散る。
観光客や学生らが行き交う京阪三条駅(京都市東山区)の東側。2015年に廃業した老舗の「いろは旅館」が、来春にはフランス・パリを拠点とする外資系ホテルチェーン、アコーホテルズの施設に生まれ変わろうとしている。
手がけるのは、東証2部上場の投…

引用元の詳しい内容はこちら

なんか中国バブル崩壊してない?

中国、世界2位の株式市場の座から陥落-時価総額で日本を下回る
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-03/PCV6TP6JTSE901
8月に日本の時価総額を下回るニュースが出た。
つってもまたちょいちょい上がったりしてまぁしばらくは膠着状態くらいにはなるんじゃない?
とか思ってた。
でもおとといのニュース…

引用元の詳しい内容はこちら

米中貿易戦争の議論で見落とされている「決定的に重要な論点」(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

貿易戦争のダメージ
このところ、メディアで「米中貿易戦争」の話題を目にしない日はない。この「米中貿易戦争」に関する議論は論者によって色々な切り口があって面白いが、ほとんどが、「反トランプ・中国擁護論」、もしくは「中国経済崩壊論」という極論に二分される。
この問題に限らず、確かに勇ましい極論が好まれ…

引用元の詳しい内容はこちら

米中貿易戦争の議論で見落とされている「決定的に重要な論点」(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

貿易戦争のダメージ
このところ、メディアで「米中貿易戦争」の話題を目にしない日はない。この「米中貿易戦争」に関する議論は論者によって色々な切り口があって面白いが、ほとんどが、「反トランプ・中国擁護論」、もしくは「中国経済崩壊論」という極論に二分される。
この問題に限らず、確かに勇ましい極論が好まれ…

引用元の詳しい内容はこちら

ドル高で米国の覇権が復活する!:日経ビジネスオンライン

森 永輔
日経ビジネス副編集長
早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。
この著者の記事を見る

引用元の詳しい内容はこちら

原油価格が-7%の急落 中国経済の急ブレーキを恐れる声 中国人の「爆買い」が、懐かしい思い出になる日が来る? – Market Hack

今日、原油価格が-7%以上急落しました。
これは先週末に発表されたベーカーヒューズ北米オイルリグ・カウントが増えていたこと、イランとの核軍縮交渉が進捗するといずれイランの石油が国際市場に出回る事などを嫌気しています。それに加えて今日、ウォール街で囁かれていたことは中国経済の鈍化が、コモディティ市場に…

引用元の詳しい内容はこちら

IMF本部、今後10年で北京に所在地変更も=ラガルド専務理事 | ロイター

[ワシントン 24日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は24日、中国をはじめ新興国の成長トレンドが今後も継続し、IMFの議決権構造に反映されれば、今後10年で北京がIMF本部となる可能性があるとの考えを示した。世界開発センターでのイベントで述べた。
7月24日、ラガルドIMF…

引用元の詳しい内容はこちら

米国は中国をいたぶり続ける:日経ビジネスオンライン

米中貿易摩擦の展開をどう読みますか。「おとしどころ」は?
真田:米国は中国をいたぶり続けます。「おとしどころ」などありません。台頭する中国を抑えつけるのが目的ですから。これは貿易摩擦ではなく、覇権争いなのです。「終わり」のない戦いです。
鈴置:米国は中国に対し具体的な要求を掲げていません。中国が何…

引用元の詳しい内容はこちら

中国のシェア自転車はなぜ失速したのか~投資偏重「中国的経営」の限界

次世代中国 一歩先の大市場を読む
中国のシェア自転車はなぜ失速したのか
~投資偏重「中国的経営」の限界
2018年08月30日
利益をあげる方法は後で考える
中国で一世を風靡し、日本をはじめ世界各国にも展開されている中国のシェア自転車が急速に輝きを失っている。事実上、どこからでも乗れ、乗り捨て自在の圧倒的な便…

引用元の詳しい内容はこちら

ドル高で米国の覇権が復活する!:日経ビジネスオンライン

森 永輔
日経ビジネス副編集長
早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。
この著者の記事を見る

引用元の詳しい内容はこちら