カテゴリー別アーカイブ: リテラシー

外貨建て保険の販売是正 生保・銀行、顧客置き去り  :日本経済新聞

顧客から「利回りやリスクの説明が不十分」との苦情が増えていた外貨建て保険。生命保険会社や銀行は問題が指摘されてから1年以上たってようやく販売方法の見直しに乗り出した。保険商品をつくる生保と売り手の銀行の双方に顧客に説明する責任感が欠けていたところに、外貨建て保険が収益源として浮上。顧客にリスクをき…

引用元の詳しい内容はこちら

なぜ「格安スマホ」が得だと分かっていても変更できないのか | 自分だけは損したくない人のための投資心理学 | ダイヤモンド・オンライン

1952年、大阪府生まれ。野村證券で個人資産運用業務や企業年金制度のコンサルティングなどに従事した後、2012年にオフィス・リベルタス設立。日本証券アナリスト協会検定会員、行動経済学会会員。資産運用やライフプラニング、行動経済学に関する講演・研修・執筆活動を行っている。『定年楽園』(きんざい)『その損の9…

引用元の詳しい内容はこちら

老後にリバースモーゲージ 「死んだら家売る」は誤解  :日本経済新聞

自宅を担保にして老後資金を借りるローン商品の利用者が増えている。「リバースモーゲージ」と呼ばれ、まとまった金額を借りて利息を払いながら、家に住み続けられる仕組みだ。老後生活に備える資金調達手段として考えるなら、商品の構造や注意点をしっかり理解しておく必要がある。 「毎月の返済負担がグッと減った」。…

引用元の詳しい内容はこちら

老後にリバースモーゲージ 「死んだら家売る」は誤解  :日本経済新聞

自宅を担保にして老後資金を借りるローン商品の利用者が増えている。「リバースモーゲージ」と呼ばれ、まとまった金額を借りて利息を払いながら、家に住み続けられる仕組みだ。老後生活に備える資金調達手段として考えるなら、商品の構造や注意点をしっかり理解しておく必要がある。 「毎月の返済負担がグッと減った」。…

引用元の詳しい内容はこちら

ファンドマネージャーという職業について「私の」7つの勘違い | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

【勘違い1】年金運用は成長産業だと思っていた 【勘違い2】インデックスに勝てないがアクティブ運用は残ると思っていた 【勘違い3】投資理論の応用は、進歩し続けると思っていた 【勘違い4】ブローカーよりもクリーンな仕事だと思っていた 【勘違い5】バイサイドの立場は強いと思っていた 【勘違い6】残高当たりの…

引用元の詳しい内容はこちら

“投資被害110番” 弁護士が無料で電話相談 | NHKニュース

いわゆる「オーナー商法」や先物取引など、投資をめぐる消費者トラブルや被害が相次いでいるなか、弁護士が無料で電話相談に応じる「全国一斉投資被害110番」が18日、全国各地で開かれています。 こうした投資を巡っては、商品のオーナーになれば高い配当金を得られるとうたう「オーナー商法」を展開し、いずれも破産手…

引用元の詳しい内容はこちら

投資初心者はプロに運用を任せる「保険」か「投資信託」がお勧め!その理由と選び方を解説

「投資の種類には、どんなものがあるの?」 「自分にはどの種類の投資が合っていて、どれを選ぶと成功できるの?」 初心者の方が、投資を始めたいと思ったとき、まず浮かんでくるのは、この2つの疑問ではないでしょうか。 投資の初心者にとって、投資の良し悪しを理解したり、客観的に判断したりすることは難しいことで…

引用元の詳しい内容はこちら

日本に投資が根づかない理由は「金融リテラシーの低さ」ではない | これからの投資の思考法 | ダイヤモンド・オンライン

HOME ライフ 書籍オンライン これからの投資の思考法 「誰もが安心して手軽に利用できる次世代の金融インフラを築きたい」という想いから、プログラミングを一から学び、2015年4月にウェルスナビ株式会社を設立。2016年7月に世界水準の資産運用を自動化したロボアドバイザー「WealthNavi」、2017年5月におつりで資産運用…

引用元の詳しい内容はこちら

退職金が多く、老後の収入が多い人のiDeCoのベストの受け取り方 – たぱぞうの米国株投資

iDeCoの退職控除と所得控除の魅力と出口のワナ イデコの払い出しですが、なにも知らずに行うと退職金が多くて老後の収入も多い人は控除が使えず、払う税金が増えてしまいます。実際に、こちらの記事のコメント欄には思いがけない出口で、メリットが相殺されてしまったとする方の書き込みもありましたね。 いろいろな方法…

引用元の詳しい内容はこちら

公的年金の運用実績報告に対する各メディアの取り上げ方の違いには雲泥の差が! – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

先日、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法)が、2018年第3四半期の運用状況報告を公開しました。 上記GPIFの運用実績報告では、以下の情報が公開されています。 ◆2018年度第3四半期 期間収益率 -9.06% 収益額 -14兆8,039億円 ◆市場運用開始以降(2001年度~2018年度第3四半期) 年率収益率 +2.7…

引用元の詳しい内容はこちら