カテゴリー別アーカイブ: ハウツー

コラム:日本の純資産はプラマイゼロ、IMFの新国富論 | ロイター

[ロンドン 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] – 企業を分析する際に、負債だけをみる人は真剣な投資家とは言えないだろう。しかし、こと国の分析となると、その国の富よりも債務にばかり着目するファンドマネジャーは多い。
10月10日、企業を分析する際に、負債だけをみる人は真剣な投資家とは言えないだろう。東…

引用元の詳しい内容はこちら

キャッシュレス時代に日本人が「現金主義」から抜け出せない真因 | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン

30年のキャリアを誇る経営戦略コンサルタント。情報分析や業界分析に強く、未来予測やイノベーション分野が得意領域。一方で雑学にも強く、経済エンタテナーとして各方面に寄稿。経済クイズ本『戦略思考トレーニング』シリーズは20万部を超えるベストセラー。マスコミ関係者の地下クイズ集団『夜会』のメンバーとしても…

引用元の詳しい内容はこちら

IMF専務理事、アベノミクスの見直しを要請 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

東京の首相官邸で握手する、安倍晋三首相(右)と国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事(2018年10月4日撮影)。(c)Eugene Hoshiko / POOL / AFP
【10月4日 AFP】来日中の国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)専務理事は4日、根強い低インフレと成長の鈍化、急速な高齢…

引用元の詳しい内容はこちら

IMF専務理事、アベノミクスの見直しを要請 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

東京の首相官邸で握手する、安倍晋三首相(右)と国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事(2018年10月4日撮影)。(c)Eugene Hoshiko / POOL / AFP
【10月4日 AFP】来日中の国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)専務理事は4日、根強い低インフレと成長の鈍化、急速な高齢…

引用元の詳しい内容はこちら

FRB、金融緩和「新たな手法議論」 景気悪化に備え (写真=AP) :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は22日、7月31日~8月1日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。先行きの景気悪化に備えて金融緩和の手法を議論し、参加者は利下げや量的緩和に加えた「新たな政策手法を議論する」と決めた。2%の物価目標を柔軟にして一時的なインフ…

引用元の詳しい内容はこちら

ノーベル賞候補に聞く 次の“危機”と“備え”|NHK NEWS WEB

未曽有の金融危機から10年。その手の特集が、連日紙面や画面をにぎわせています。あのショックを理論的に分析して注目される経済学者がいます。しかも日本人です。「ノーベル経済学賞」の候補の一人ともいわれている、プリンストン大学の清滝信宏教授にインタビューする機会に恵まれました。「テレビの取材は初めてかな…

引用元の詳しい内容はこちら

スルガ銀、創業家企業に500億円融資 金融庁が問題視  :日本経済新聞

スルガ銀行が創業家の関連企業に500億円弱を融資していることが3日、わかった。実態のない企業や経営状態の悪い企業もある。スルガ銀の株式を持つ企業もあり、借入金の使途でも不透明な点が残る。立ち入り検査中の金融庁はスルガ銀の企業統治(ガバナンス)の欠如を示す例として問題視し、実態の解明を急いでいる。
創…

引用元の詳しい内容はこちら

スルガ銀、創業家企業に500億円融資 金融庁が問題視  :日本経済新聞

スルガ銀行が創業家の関連企業に500億円弱を融資していることが3日、わかった。実態のない企業や経営状態の悪い企業もある。スルガ銀の株式を持つ企業もあり、借入金の使途でも不透明な点が残る。立ち入り検査中の金融庁はスルガ銀の企業統治(ガバナンス)の欠如を示す例として問題視し、実態の解明を急いでいる。
創…

引用元の詳しい内容はこちら

FRB、金融緩和「新たな手法議論」 景気悪化に備え (写真=AP) :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は22日、7月31日~8月1日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。先行きの景気悪化に備えて金融緩和の手法を議論し、参加者は利下げや量的緩和に加えた「新たな政策手法を議論する」と決めた。2%の物価目標を柔軟にして一時的なインフ…

引用元の詳しい内容はこちら

銀行は依然として「腹をすかせたオオカミ」だ | 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら
7月30日、31日に行われた日本銀行の金融政策決定会合は、日銀が「金融緩和政策の副作用」と言われるものに配慮して、早期の金利の上昇を容認するようになるのではないかという一部…

引用元の詳しい内容はこちら