カテゴリー別アーカイブ: テクノロジー

ブロックチェ-ンを構築しながら学ぶ | プログラミング | POSTD

ブロックチェ-ンの仕組みを知るには構築するのが最短の方法 この記事を読んでいるということは、仮想通貨の拡大に興奮しているということですね。ブロックチェ-ンの仕組み、背後にある基本的なテクノロジーについて知りたいのでしょう。 しかしブロックチェ-ンを理解するのは簡単ではありません。少なくとも私にはそうブロックチェ-ンの仕組みを知るには構築するのが最短の方法 この記事を読んでいるということは、仮想通貨…

引用元の詳しい内容はこちら

高額解約金商法で再炎上のピーシーデポコーポレーション、火消しIRで火に油 : 市況かぶ全力2階建

そいや、お昼休みNTT東に電話で光回線解約の相談したときに、今流行ってるので「違約金20万とか取られませんか?」って聞いたら、そんなデポ的なことはありませんとネタで返してもらったお( ^ω^) — ざら速(ザラ場速報) (@ZARASOKU) 2017年12月6日 ピーシーデポコーポレーションが急落、相変わらずの高額解約金商法が露呈 https://t.co/4duE7msVhs — 全力2階建 …

引用元の詳しい内容はこちら

『仮想通貨』【INSプレセール】開始3日で18億の資金調達!! 上場も決定!! 目標額60%も達成、速く買わなきゃ損!? – ぶんちゅのライフワークス−はなび−

2017 – 12 – 06 『仮想通貨』【INSプレセール】開始3日で18億の資金調達!! 上場も決定!! 目標額60%も達成、速く買わなきゃ損!? ここ から買うと+3%増で「INS」を購入することができます。 どうも、ぶんちゅです。 驚くべきことが起きています。 現在、INS Ecosystemの ICO (プレセール) 期間中まっただなか、開始してまだ3日目(日本時間)と間もないですが、資…

引用元の詳しい内容はこちら

高頻度アルゴリズム取引業者の終わりなきスピード競争|Rui Ueyama|note

誰にとっても通信速度は遅いより速い方がいいけど、情報の速さで利益を出している高頻度アルゴリズム取引業者にとっては、通信速度は死活問題だ。そういった業者のために、証券取引所間のレイテンシをマイクロ秒単位で減らすネットワークが、数百億~数千億円というお金を使って構築されている。ここではそういうネットワークについて書いてみよう。 いつの時代でも、証券取引の参加者にとって、他の証券取引所の状況をいち早く知…

引用元の詳しい内容はこちら

データの少ない若い企業が「データドリブン」への変革を遂げるには?――住信SBIネット銀行の事例 (1/2) – ITmedia マーケティング

Teradata PARTNERS Conference 2017」レポート: データの少ない若い企業が「データドリブン」への変革を遂げるには?――住信SBIネット銀行の事例 (1/2) ネット専業銀行としては比較的若い住信SBIネット銀行が、十分なデータの蓄積を持たない中でデータドリブンな企業に変革できたポイントとは何か。担当者が語った。 本稿では、米国アナハイムで10月25日(現地時間)に開か…

引用元の詳しい内容はこちら

【Bitcoin FX BOTでシストレ計画】Python+phantomjsでいなごFlyerからデータをスクレイピングする – ネトゲ時々就活~季節の投資を添えて~

2017 – 12 – 01 【Bitcoin FX BOTでシストレ計画】Python+phantomjsでいなごFlyerからデータをスクレイピングする 投資・投機 Bitcoin FXの BOT で有名な a.k.a. GAMI氏のツイートが発端。 最終ツイートがてら、 bot のコアロジックを公開しておく。いなごFlyerの直近20秒のBuy/SellボリュームをPhantomJSで スク…

引用元の詳しい内容はこちら

ニュース解説 – 経理部門の人材不足で悩む会社に朗報、金融EDI「ZEDI」が2018年稼働へ:ITpro

全国銀行協会は2018年12月に「全銀EDI(Electronic Data Interchange)システム(ZEDI、ゼディ)」を稼働するため開発を進めている。全銀協はZEDI稼働に先立ち、2017年8月に企業間決済の事務作業自動化できる新たな国内送金電文の規格を公表した。経理部門の人手不足に悩む企業には朗報になりそうだ。 ZEDIとは、複数の取引先企業への送金をインターネット経由でまとめて銀…

引用元の詳しい内容はこちら

焦点:東芝の巨額増資、GS独り勝ちの衝撃 新たな火種警戒も | ロイター

[東京 27日 ロイター] – 東芝( 6502.T )による6000億円の第三者割当増資は、ゴールドマン・サックス証券(GS)がアドバイザーの座を獲得、先を越された日系証券各社に衝撃が走った。上場廃止の瀬戸際という難条件の資金調達を可能にしたのは、海外投資家を一気に集めたGSならではの展開力だった。 11月28日、東芝による6000億円の第三者割当増資は、ゴールドマン・サックス証券(GS)がアド…

引用元の詳しい内容はこちら