カテゴリー別アーカイブ: テクノロジー

ケルビン@斜壊人さんのツイート: “「エンジニアにスーツ」とか確かに生産性に関係ないが、じゃあこのルール解禁するとどうなるかというと、ランニングに短パンビーサンとかの、流石に

「エンジニアにスーツ」とか確かに生産性に関係ないが、じゃあこのルール解禁するとどうなるかというと、ランニングに短パンビーサンとかの、流石にどうなのソレ的な奴が出る。必ず出る。ルールはそういうバカのためにあるので、利口が要否を判断してはいけないのだ。

引用元の詳しい内容はこちら

スマホで1000円からの株式投資「One Tap Buy」、月980円で手数料タダに – Engadget 日本版

スマートフォンを使い、少額から株式投資が行える「One Tap Buy」は6月18日、月額980円で株式の取引手数料が無料になる「定額プラン」の提供を開始しました。
「One Tap Buy」は、1000円単位の少額から株式をリアルタイム売買できるAndroid / iOSアプリです。米国・日本株の計66銘柄を『スマホを3タップするだけ』(担当…

引用元の詳しい内容はこちら

Chainerを使って本気でマーケットの予測システムを作ったらこうなった

Chainerを使って本気でマーケットの予測システムを作ったらこうなった
1.
AlpacaJapan
Head of R&D
Tomoya Kitayama
Chainerを使って本気でマーケットの予測
システムを作ったらこうなった
2.
STRICTLY CONFIDENTIAL AND FOR INTERNAL USE ONLY
ご挨拶
● AlpacaJapan株式会社
○ Head of Japan R&D
● 会社では主に
○ クラ…

引用元の詳しい内容はこちら

世界最速うたうブロックチェーン技術の全貌、三菱UFJとアカマイが開発 | 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です
ブロックチェーンを使い、決済のビジネス構造を変革する――。野心的な構想を三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が明らかにした。
MUFGと米アカマイ・テクノロジーズ(Akamai Technologies)は2018年5月21日、「決済処理速度2秒以下、世界最速の取引処理性能毎秒100…

引用元の詳しい内容はこちら

iPad Proに少額の追加投資をしたら、最高の使い勝手になった – kaggleを全力でやります

iPadはpdfの書類を読むのに最高に便利ですよね。
会うたびに友人にオススメしていたら、友人がiPadを購入しました。
すると、アプリやアクセサリを購入して、すぐに私よりも使いこなしていたので、悔しくなって私もiPadProのアプリをかったりアクセサリを購入しました。
もっと早く購入すべきだったと後悔するぐらい、最…

引用元の詳しい内容はこちら

世界初の自動運転カー実用導入国は日本になるかも、日本政府が2020年めどに法整備へ – GIGAZINE

2018年6月4日(月)に総理大臣官邸で開催された第17回未来投資会議の中で、2020年をめどに公道での地域限定型無人自動運転移動サービスを開始すること、および、2030年までに同種のサービスを全国100カ所以上で展開することが政策課題として掲げられました。具体的には、無人自動運転によるサービスを提供するための法整備…

引用元の詳しい内容はこちら

みずほ銀、9日からシステム移行 「世界最大級のプロジェクト」 ATMやネットバンクに臨時休止日 (1/2) – ITmedia NEWS

みずほ銀、9日からシステム移行 「世界最大級のプロジェクト」 ATMやネットバンクに臨時休止日 (1/2)
みずほ銀行とみずほ信託銀行は、入出金や口座管理などを担う勘定系システムを統合した次期システムへの移行作業を9日から始める。4000億円超の資金を投じて進めてきた世界最大級のプロジェクトが、最後のヤマ場を迎…

引用元の詳しい内容はこちら

Google PayがSuicaに対応!何が変わるのか、何が変わらないのかまとめ – すまほん!!

改札通過もGoogle Payで!
Google Japanは、決済サービスGoogle Payが、新たにSuicaとWAONに対応したことを発表しました。
Google Payは世界中で展開されている決済サービスで、複数のクレジットカードやプリペイドカードを統合できます。国内サービスとしてはnanaco、楽天Edyなどが既に対応済み。
Google Payを通じてチ…

引用元の詳しい内容はこちら

“電子トレカ”がスポーツチームの収益源になる「whooop!」発表、1500万円の資金調達も | TechCrunch Japan

ここ数ヶ月の間に、個人や団体(企業)が資金やファンを集めることのできるプラットフォームが急速に増えてきている。
たとえば先日TechCrunchでも紹介した「SPOTSALE(スポットセール)」や「BASE」の取り組みは、店舗がサービス上で“独自のコイン”を発行し、初期のファンや資金を調達できるというもの。ほかにもコミュ…

引用元の詳しい内容はこちら