カテゴリー別アーカイブ: アメリカ

トランプ、金正恩へ米朝首脳会談中止のお祈りメール : 市況かぶ全力2階建

金正恩氏の訪中や南北首脳会談、核実験中止表明など北朝鮮の軟化姿勢により大賑わいなのが北朝鮮と接する遼寧省丹東市の不動産業界。一部地域は価格が50%も暴騰するなど全国各地から物件を求める人たちが殺到、丹東不動産登記センターも1日の処理能力260件をオーバーし、予約制になるほど。 pic.twitter.com/nBzimeQ1w9

引用元の詳しい内容はこちら

Hideyuki Hirakawaさんのツイート: “ちなみに何気に衝撃的だったのは「日本の世帯所得の中央値は約37800ドルであるが、これは全米で最も貧しい州であるミシシッピよりも低い」という事実の指

ちなみに何気に衝撃的だったのは「日本の世帯所得の中央値は約37800ドルであるが、これは全米で最も貧しい州であるミシシッピよりも低い」という事実の指摘。やばいなニッポン。 https://t.co/RHuYa23vvn

引用元の詳しい内容はこちら

原油価格が下落してしまったため、シェールオイル採掘の採算性が低下!3分の1のシェール田が赤字に落ちるという試算も。 – SONOTA

photo by JustinWoolford
最近の世界的な株価下落によって価格が下がりつつある原油価格。
私たち消費者によっては良いことずくめな価格低下…ですが、仮に1バレル80ドル以下の価格帯で落ち着いてしまった場合には、アメリカにある3分の1のシェール田が採算割れしてしまうのでは?という試算も出てきているようです…

引用元の詳しい内容はこちら

米国人より詳しくなるFRBメンバーの画像付きキャラ紹介 : 市況かぶ全力2階建

投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ、一時瀕死のメガネスーパー(ビジョナリーHD)から執念の黒字再生EXIT

引用元の詳しい内容はこちら

ノーベル賞候補に聞く 次の“危機”と“備え”|NHK NEWS WEB

未曽有の金融危機から10年。その手の特集が、連日紙面や画面をにぎわせています。あのショックを理論的に分析して注目される経済学者がいます。しかも日本人です。「ノーベル経済学賞」の候補の一人ともいわれている、プリンストン大学の清滝信宏教授にインタビューする機会に恵まれました。「テレビの取材は初めてかな…

引用元の詳しい内容はこちら

米国は中国をいたぶり続ける:日経ビジネスオンライン

米中貿易摩擦の展開をどう読みますか。「おとしどころ」は?
真田:米国は中国をいたぶり続けます。「おとしどころ」などありません。台頭する中国を抑えつけるのが目的ですから。これは貿易摩擦ではなく、覇権争いなのです。「終わり」のない戦いです。
鈴置:米国は中国に対し具体的な要求を掲げていません。中国が何…

引用元の詳しい内容はこちら

「400ドルの急な支出に耐える貯蓄がない」アメリカ成人4割のための相互救済アプリが話題 | BUSINESS INSIDER JAPAN

世界各地で移民問題が激化し、最低限度の生活保障が危ぶまれる移住も迫られる人々が増加している。コミュニティ内の相互扶助の考え方が注目されるのは世界共通の現象のようだ。写真はギリシアとマケドニアの国境周辺。
REUTERS/Stoyan Nenov
頼母子講(たのもしこう)や無尽(むじん)という言葉を聞いたことがあるだろ…

引用元の詳しい内容はこちら

フェイスブック 一日で13兆円消えた 株価が約20%下落 | NHKニュース

アメリカのフェイスブックは26日、株価が20%近い大幅な下落を記録し、これによってフェイスブックの時価総額は日本円で13兆円余り減少し、一日当たりの損失としては過去最大だと伝えられています。
株価に発行済みの株式数をかけた、いわゆる時価総額で、フェイスブックは前日まで世界有数の70兆円近くの企業価値があり…

引用元の詳しい内容はこちら

原油価格が下落してしまったため、シェールオイル採掘の採算性が低下!3分の1のシェール田が赤字に落ちるという試算も。 – SONOTA

photo by JustinWoolford
最近の世界的な株価下落によって価格が下がりつつある原油価格。
私たち消費者によっては良いことずくめな価格低下…ですが、仮に1バレル80ドル以下の価格帯で落ち着いてしまった場合には、アメリカにある3分の1のシェール田が採算割れしてしまうのでは?という試算も出てきているようです…

引用元の詳しい内容はこちら

「ジョブズの再来」ともてはやされた女性起業家の虚構を暴く あのマードックも騙された WEDGE Infinity(ウェッジ)

■今回の一冊■
Bad Blood
筆者 John Carreyrou
出版社 Knopf
指先からとった一滴の血液で瞬時にさまざまな病気を検査できるテクノロジーを開発した――。こんな魅力的な触れ込みで一時は企業価値が一兆円を超えたシリコンバレーのスタートアップの嘘を暴くノンフィクションだ。小説のようなドラマチックな展開に驚きなが…

引用元の詳しい内容はこちら