カテゴリー別アーカイブ: アベノミクス

日銀による“株”購入が累計で20兆円突破

日銀は現在、企業の株式を組み込んで作った投資信託を年間6兆円のペースで買い入れていますが、ついにその購入総額が20兆円を超えました。
日銀の発表によりますと、20日時点で日銀が購入したETF(上場投資信託)の総額は20兆1854億円となり、初めて20兆円の大台に乗せました。中央銀行が国債などに比べてリスクの高い株…

引用元の詳しい内容はこちら

アベノミクス、完全に成功…戦後3番目の長期好景気突入、「失われた20年」を脱出 | ビジネスジャーナル 2017.05.02 文=高橋洋一/政策工房代表取締役会長、嘉悦大学教授 

「首相官邸 HP」より
2012年12月に始まったアベノミクス景気が、バブル期を超えて戦後3番目の長さになった。現在の景気は、安倍政権の経済政策が功を奏しているのか。
これについて日本経済新聞は、景気回復の実感が乏しいとして、その理由に潜在成長率の低下を挙げている。マクロ経済分析の問題であるにもかかわらず、…

引用元の詳しい内容はこちら

米ETF大手、日本拠点閉鎖へ(市場点描)  :日本経済新聞

日本株で運用する代表的な上場投資信託(ETF)のひとつとされる「ウィズダムツリー・ジャパン」を提供する米運用大手、ウィズダムツリーが日本の営業拠点を閉鎖する。国内ではETFを短期売買の手段と捉える投資家も多い。長期保有を促したい同社の戦略と相いれないことが、閉鎖の背景のようだ。
同社はインデックス…

引用元の詳しい内容はこちら

公的マネー投入 株価つり上げに66兆5000億円/アベノミクス 異常事態

アベノミクス(安倍晋三政権の経済政策)によって国内株式市場に投入されている公的資金の時価総額が6月末時点で66兆5000億円に達していることが7日までにわかりました。東証1部の時価総額に占める比率も3月末時点の10・0%程度から10・3%程度に増えています。国内株の1割を公的資金が占め、株価をつ…

引用元の詳しい内容はこちら

先進国でデフレは日本だけ。20年の失策を生んだ大企業のドケチな経営

記事
MAG2 NEWS
2018年08月03日 09:41
先進国でデフレは日本だけ。20年の失策を生んだ大企業のドケチな経営
Tweet
7月31日、これまで5年に渡り行われてきた大規模な金融緩和の修正を発表した日銀の黒田東彦総裁。デフレ脱却の掛け声の元進められてきたこの政策、目標としてきた2%の物価上昇も未だ達成されていませんが…

引用元の詳しい内容はこちら

安倍政権の「GPIF運用、10兆円黒字」で問われる野党の批判能力(磯山 友幸) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

株価好調で年金大もうけ
国民の年金資産を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が2017年度に10兆円を超える運用益を稼ぎ出した。
7月6日にGPIFが発表した業務概況書によると、2017年度の運用収益は10兆810億円に達し、利回りは6.9%となった。この結果、期末の運用資産残高は156兆円3832億円になった。
2001…

引用元の詳しい内容はこちら

[FT]安全資産・日本円の終わりの始まり?  :日本経済新聞

映画「スター・ウォーズ」に極めて重要な場面がある。見つけられない惑星があるはずの場所で、ヒーローたちが怪しい小惑星の合間を飛行するシーンだ。彼らはゆっくりと、その意味に気づいて身震いする――。外国為替市場は今、日本円について、これと似たような体験をしている。
2000億ドル分の中国製品に10%の追加関税を…

引用元の詳しい内容はこちら

[FT]安全資産・日本円の終わりの始まり?  :日本経済新聞

映画「スター・ウォーズ」に極めて重要な場面がある。見つけられない惑星があるはずの場所で、ヒーローたちが怪しい小惑星の合間を飛行するシーンだ。彼らはゆっくりと、その意味に気づいて身震いする――。外国為替市場は今、日本円について、これと似たような体験をしている。
2000億ドル分の中国製品に10%の追加関税を…

引用元の詳しい内容はこちら

日本国債めぐる、かつてないほどの異常事態 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

このところ、日本国債市場の低迷が話題になっている。10年物国債先物の利回りが10営業日連続で変化なし、といった具合に史上まれに見る膠着状態が続いている。短期国債を対象とした先物取引も取引がまったくない日が出てくるなど、債券市場はじめての低迷相場が続いていると言っていい。
こうした債券市場の低迷は、言う…

引用元の詳しい内容はこちら

「金融政策に限界はない」 日銀・若田部副総裁  :日本経済新聞

大規模な金融緩和を求める「リフレ派」として知られた日銀の若田部昌澄副総裁が3月に就任して以降、初めての単独インタビューに応じた。大規模緩和を5年以上続けても2%の物価安定目標を達成できず、手詰まり感が漂うが「金融政策に限界はないといまも思っている」と強調した。物価が伸び悩む状態が続き「デフレに戻…

引用元の詳しい内容はこちら