カテゴリー別アーカイブ: これはひどい

【サラリーマン最強?】会社を搾取し続けて1.5億円を作った男の話 – こびと株.com

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。
以前、Mr.ボンドという人物を紹介しました。
セミリタイアを目前に控えた職場の先輩(30代)との会話
2017.05.20
簡単に特徴をまとめると
Mr.ボンドのプロフィール
30代半ば
妻子持ち
資産1億5,000万円を築いてリタイア
頻繁に転職を繰り返すジョブホッパー(サラ…

引用元の詳しい内容はこちら

クラウドワークス副社長「海外に行って痛感するのは日本は本当に貧乏。質と価格が見合ってない」→「日本のものは安すぎる」「賃金破壊してる企業が何言っているの?」などと賛否 – Tog

久々のドトール。さすがに200円台はびっくり。
海外行って痛感するのは、
「本当に日本は貧乏」
ということ。この質と価格は世界水準では全く合ってない
日本はもう、過去の東南アジア的になってますね
資本主義自体も再考の余地があるが、その中での日本の位置付けも再考の余地が大いにある。

引用元の詳しい内容はこちら

「オマエの家族皆殺し」スルガ銀、上司による壮絶な恫喝:朝日新聞デジタル

スルガ銀行(静岡県沼津市)のシェアハウスなど不動産投資向け融資で資料改ざんなどの不正が横行し、役員や支店長、多くの行員が関与したことが第三者委員会の調査で明らかになった。高収益の裏で無理なノルマが課され、不正が蔓延(まんえん)していた。創業家出身の岡野光喜会長(73)らは退任し、有国三知男取締役…

引用元の詳しい内容はこちら

オブズフェルド「消費税はやはり引き上げよ」 – himaginaryの日記

オブズフェルドらがIMFブログで、日本における財政政策と金融政策の協調のあり方について論じている。おそらく後で日本語版も追加されると思うので、要点のみピックアップしてみる。
財政と金融政策(および構造改革策)の協調は、包括性(相乗効果が存分に発揮されること)と整合性(共通の目標へのコミットメントによ…

引用元の詳しい内容はこちら

スルガ銀行の「第三者委員会の調査報告書」が目次だけでお腹いっぱい : 市況かぶ全力2階建

338ページってもう1冊の文庫本やんけw
— jamflying777 (@jamflying777) 2018年9月7日
2018/09/07 15:30 スルガ銀行
第三者委員会の調査報告書の受領と今後の当社の対応について(3ページ)
https://storage.googleapis.com/surugabank/20180907_1.pdf
第三者委員会調査報告書(要約版)(17ページ)
https://storage.go…

引用元の詳しい内容はこちら

マスク氏、英洞窟ダイバーを「小児愛男」呼ばわり テスラ株下落 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(2017年7月19日撮影)。(c)AFP PHOTO / Brendan Smialowski
【7月17日 AFP】米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)のイーロン・マスク(Elon Musk)最高経営責任者(CEO)が、タイの洞窟に閉じ込められていた少年サッカーチームの救出に貢献した英国人ダイバーを小児愛者呼ばわ…

引用元の詳しい内容はこちら

社員の「やる気偏差値」を算出 投資家などに提供 | NHKニュース

社員の「やる気」を指標化し、投資家などに公表しようという取り組みを東京の経営コンサルティング会社が始めました。
それによりますと「やる気」の指標化は、社員に会社の組織風土や制度、職場環境などおよそ130の質問をし、「満足度」と「期待度」を5段階で評価してもらい、結果を偏差値として算出します。
「満足度…

引用元の詳しい内容はこちら

「オマエの家族皆殺し」スルガ銀、上司による壮絶な恫喝:朝日新聞デジタル

スルガ銀行(静岡県沼津市)のシェアハウスなど不動産投資向け融資で資料改ざんなどの不正が横行し、役員や支店長、多くの行員が関与したことが第三者委員会の調査で明らかになった。高収益の裏で無理なノルマが課され、不正が蔓延(まんえん)していた。創業家出身の岡野光喜会長(73)らは退任し、有国三知男取締役…

引用元の詳しい内容はこちら

スルガ銀:会長、私的流用か 架空融資で十数億円 金融庁把握 – 毎日新聞

スルガ銀行が関連会社に行った融資の一部を、創業家の岡野光喜会長(73)が流用していた疑いがあることが金融庁の検査で判明した。総額は十数億円規模に上る可能性があり、私的に使ったとみられる形跡もあるという。金融庁は、30年以上にわたってトップに君臨してきた岡野氏の裏金に回っていたとの見方を強めて実態…

引用元の詳しい内容はこちら

スルガ銀、不適切融資1兆円規模 第三者委調査概要  :日本経済新聞

シェアハウス投資に絡む不正融資を巡り、スルガ銀行の第三者委員会が実施した調査の概要が21日、分かった。審査資料の改ざんがあるなどの不適切な融資が1兆円規模にのぼるとした。スルガ銀は第三者委の調査結果を受けて、経営責任の明確化を含めて抜本的な体制刷新を迫られる。
同行は地銀のなかでも突出して高い収益率…

引用元の詳しい内容はこちら