カテゴリー別アーカイブ: これはひどい

バブル崩壊後の日本がマシに見える中国のこれから 政治体制はそのまま、悲惨なディストピア時代へ(1/4) | JBpress(日本ビジネスプレス)

中国・新疆ウイグル自治区カシュガルで、夜市を巡回する警察官(2017年6月25日撮影、資料写真)。(c)JOHANNES EISELE / AFP〔AFPBB News〕 崩壊すると言われながら長い間崩壊しなかった中国経済がついに崩壊し始めた。一時は、「中国崩壊説の崩壊」などと揶揄されていたが、やはり不自然なことはどこかで限界に突き当た…

引用元の詳しい内容はこちら

また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ|日刊ゲンダイDIGITAL

「毎月勤労統計」の賃金偽装やGDPかさ上げなど、統計のインチキが相次いでいるが、まだまだ怪しい統計があった。安倍政権になって急増した「貯蓄ゼロ世帯」が、なぜか昨年、大幅に改善しているのだ。もちろんアベノミクスの成果ではない。本紙の取材でそのカラクリが明らかになった。 「金融広報中央委員会」(事務局…

引用元の詳しい内容はこちら

国の借金1100兆円=1人当たり885万円-財務省(時事通信) – Yahoo!ニュース

財務省は8日、国債と借入金などを合計した「国の借金」が、2018年12月末現在で1100兆5266億円と過去最高を更新したと発表した。 8月1日時点の人口(1億2435万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約885万円で、昨年9月末の前回発表時から7万円増加した。 国の借金総額は前回から8兆7581億円増加し、このうち…

引用元の詳しい内容はこちら

公的年金運用損、最悪の14.8兆円 昨年10~12月(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は1日、昨年10~12月期で14兆8039億円の運用損が出たと発表した。四半期ベースの赤字額は過去最大。以前に比べ、年金資産に占める株式の運用比率を高める方針をとっており、株価下落の影響を受けやすくなっている。 赤字になるのは3四半期ぶり…

引用元の詳しい内容はこちら

【マンガで簡単】30秒で分かる!イケハヤの金融商品勧誘の問題点 – メロンパン、リスクを考える

ブログから撤退したイケハヤですが、またFXの勧誘をこそこそと始めました。 まだ多少アフィリエイトの旨味が残っているのか・・・? あてこんでいたサロンの売上は正田氏の炎上で瓦解し、YouTubeそのものの売り上げも予想より低かったのでしょうか。 今、イケハヤがYouTubeでFX豪ドルスワップ投資をすすめる動画を見たが…

引用元の詳しい内容はこちら

オブズフェルド「消費税はやはり引き上げよ」 – himaginaryの日記

オブズフェルドらがIMFブログで、日本における財政政策と金融政策の協調のあり方について論じている。おそらく後で日本語版も追加されると思うので、要点のみピックアップしてみる。 財政と金融政策(および構造改革策)の協調は、包括性(相乗効果が存分に発揮されること)と整合性(共通の目標へのコミットメントによ…

引用元の詳しい内容はこちら

ポイント不正取得の恐れ 「5パーセント還元」に穴(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

政府は、消費税増税対策としてキャッシュレスで決済した場合にポイントで還元することを検討しています。ところが、ポイントを不正に際限なく取得できることが発覚し、問題になっていることが分かりました。 政府は来年10月の消費税引き上げに伴い、中小の小売店でキャッシュレス決済した場合、5%分のポイントを国の予…

引用元の詳しい内容はこちら

政府、給与支払いに電子マネー解禁へ (産経新聞) – Yahoo!ニュース

政府の国家戦略特区諮問会議は17日、現行法で認められていない電子マネーによる給与支払いを解禁する方針を決めた。経済界などとの協議を経て制度設計を進め、来年度からの実施を目指す。改正出入国管理法施行をにらみ、銀行口座の開設が難しい外国人労働者の利便性を高め、受け入れ基盤を整備するのが狙い。 新制度の…

引用元の詳しい内容はこちら

PayPay「利用した覚えのないクレジットカード請求」に注意喚起 クレカの登録方法に問題があるとの指摘も – ねとらぼ

決済サービス「PayPay」が、クレジットカードに身に覚えのない請求があった場合の注意喚起を行っています。 PayPayの利用について、クレジットカード会社から身に覚えのない利用を尋ねられたり、数十万円単位の「不審な利用」があったとの連絡を受けたとの報告がSNS等で上がっていることに関連し、PayPayの運営会社は次…

引用元の詳しい内容はこちら

軽減税率、財源にメド 社会保障から1000億円  :日本経済新聞

政府は2019年10月の消費増税に合わせて導入する軽減税率の財源に社会保障費から約1千億円を充てる方針だ。事業の終了で浮く事務費や過去の社会保障改革で生じた剰余分を回す。全体で約1兆円の軽減税率の財源にメドが立った形だ。 軽減税率は10%に消費税率を引き上げた後も飲食料品や新聞などの税率を8%に据え置く仕組み…

引用元の詳しい内容はこちら