ブロガー のすべての投稿

欲しい情報を手にいれるためにウォッチしている情報を配信していきます。

山一證券を潰した「たった1枚の通達」の威力|「平成元年」驚きの回顧録|ダイヤモンド・オンライン

バブル退治のために平成元年(1989年)末、矢継ぎ早に打たれたさまざまな施策は、いずれも効果は大きかったものの、“やり過ぎた”側面も大きかった。後に「失われた10年(20年)」と呼ばれる大不況につながっていった、平成元年末の国の方針転換を改めて振り返ってみよう。 バブル退治の「バズーカ砲」が 効きすぎた 1989年12月末は、株価が史上最高値となる3万8915円87銭を付けた。バブルのピークとなっ…

引用元の詳しい内容はこちら

「大戸屋」はなぜ「やよい軒」に勝てないのか? | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「大戸屋は儲からない。投資が重たい割に回収が少ないので、既存のフランチャイズ(FC)オーナーはこれ以上店舗を出したがらない」――。こう嘆くのは定食チェーン「大戸屋」の関係者だ。 これまでに何度も報じてきたように、大戸屋HDでは2015年7月の実質創業者・三森久実会長の急逝を機にお家騒動が勃発。役員人事を巡り、会社側と創業家側が対立している。 15年間、利益はゼロ成長 お家騒動の陰に隠れて目立ってい…

引用元の詳しい内容はこちら

米大統領選、1000分の1秒争う 膨張アルゴリズム取引  :日本経済新聞

コンピューターで自動売買する「アルゴリズム取引」。米大統領選後の相場急変を招くなど負の側面も見られるが、ヘッジファンドの運用資産は90兆円を超え市場を席巻している。人から機械へのシフトはどこまで進むのか。現状と展望を読む。 ■ プログラムが即反応、90兆円超す規模に  「フロリダ州でトランプ氏がクリントン氏より優勢になった」。米大統領選の“異変”を告げるニュースが流れたのは日本時間の9日朝10時半…

引用元の詳しい内容はこちら

インドで高額紙幣の使用が突然に廃止。モディ首相の挑戦。 – たぱぞうの米国株投資

2016 – 11 – 12 インドで高額紙幣の使用が突然に廃止。モディ首相の挑戦。 投資のヒント 投資のヒント-備忘録 注目株-インド株 スポンサーリンク インドが高額紙幣の使用を廃止 インドで2016年11月8日に高額紙幣の停止を断行しました。下記の記事では病院、鉄道、航空会社、ガソリンスタンドでの使用は認められる、と書いてあります。 しかし、実際にはすでに受け取りを拒否されているケースがほと…

引用元の詳しい内容はこちら

インドで高額紙幣の使用が突然に廃止。モディ首相の挑戦。 – たぱぞうの米国株投資

2016 – 11 – 12 インドで高額紙幣の使用が突然に廃止。モディ首相の挑戦。 投資のヒント 投資のヒント-備忘録 注目株-インド株 スポンサーリンク インドが高額紙幣の使用を廃止 インドで2016年11月8日に高額紙幣の停止を断行しました。下記の記事では病院、鉄道、航空会社、ガソリンスタンドでの使用は認められる、と書いてあります。 しかし、実際にはすでに受け取りを拒否されているケースがほと…

引用元の詳しい内容はこちら

みずほ銀、システム統合再延期 動作テスト延長 運用18年以降  :日本経済新聞

みずほ銀行は2016年12月に予定していた新たな勘定系システムの完成時期を遅らせる検討に入った。システムの一部で実施中の動作確認テストを延長する必要があると判断した。遅らせれば2度目の延期となり、新システムの運用開始は18年夏以降になるとみられる。みずほは過去に2回の大規模なシステム障害を起こしており、今回も万全を期すことにした。  勘定系システムは、口座の入出金や資金決済、口座管理などを担うシス…

引用元の詳しい内容はこちら

山崎元氏「トラショック後の日本株は買いだ」 | 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「暴言エロオヤジ」が大統領になることで、当面株は「買い」だという。また、なぜヒラリーに勝ったのかを物語るのは、この写真かもしれない(写真:ロイター/アフロ) 「ショック」だったが、株は「買い」と判断する理由は何か いわゆる「何とかショック」の直後に、この種の原稿を書くのはなかなか難しい。市場は動きが激しく不安定になっているので、自分が書いたことが大外れになったり、あるいは原稿発表までに市場の動きに…

引用元の詳しい内容はこちら

最強の入金投資家“常敗将軍(千葉県 70代)”さん、トランプ相場で10億円稼ぐ(なお、翌日に6億円失う) : 市況かぶ全力2階建

誰やトランプ勝ったら大暴落と円高で大変な事になるとか言ってた奴は — DON (@D0N12345) 2016年11月10日 V字回復やねん日経平均株価、1日で全戻しの喜びを知る https://t.co/sZEmccdeio — 全力2階建 (@kabumatome) 2016年11月10日 閉塞感しかなかった世界経済がトランプ大統領誕生を歓迎してるのこんな感じ pic.twitter.com/…

引用元の詳しい内容はこちら

トランプ新大統領の経済政策を考える | 片岡剛士コラム | 片岡剛士のページ | レポート・コラム | シンクタンクレポート | 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

経済政策部 上席主任研究員 片岡 剛士 米大統領選は現地時間の11月8日(日本時間11月9日)に投開票が行われ、共和党候補ドナルド・トランプ氏が大統領就任に必要な選挙人270人以上を獲得し勝利を収めた。今後は12月19日に選挙人による投票が行われて、来年1月20日にトランプ政権が成立する見込みである。合わせて実施された連邦議会選挙では上院・下院ともに共和党が過半数を占め、ねじれ現象が解消されること…

引用元の詳しい内容はこちら

金融の知識が無い奴らが多い

自分の通う頭の悪い大学は田舎の人間が多いのか、金融の知識が全くない人間が多い。 まず、一番見ていて不安だったのは奨学金を借りている人間が、どのくらいの金利で借りているのか理解していないところである。 将来、自分が払う借金を理解していないのは大丈夫なのかと思ってしまう。 これでは、自分が何かに騙されているのかもわからないし、不公平だった時に怒ることが出来ない。 サンダースみたいな人が出てきても、彼が…

引用元の詳しい内容はこちら