共産・小池氏「トヨタの内部留保、使い切るのに5千年」:朝日新聞デジタル

小池晃・共産党書記局長(発言録)
史上空前の利益を上げている大企業への減税をやめれば、社会保障の財源ができる。大企業には十分体力はある。
トヨタ自動車の3月期決算を見てみたら、子会社も含めて連結内部留保は約20兆円。毎日1千万円ずつ使っていくとする。想像できませんが、使い切るのに5480年かかる。…

引用元の詳しい内容はこちら

共産・小池氏「トヨタの内部留保、使い切るのに5千年」:朝日新聞デジタル

小池晃・共産党書記局長(発言録)
史上空前の利益を上げている大企業への減税をやめれば、社会保障の財源ができる。大企業には十分体力はある。
トヨタ自動車の3月期決算を見てみたら、子会社も含めて連結内部留保は約20兆円。毎日1千万円ずつ使っていくとする。想像できませんが、使い切るのに5480年かかる。…

引用元の詳しい内容はこちら

これでも銀行から投資信託を買いますか?~金融庁の分析と指標導入~ – 銀行員のための教科書

金融庁が投資信託を販売する銀行・証券会社に対して、比較可能な共通指標を導入することを発表しました。
この共通指標は投資信託の購入コストとリターン等、お客様が取るコスト・リスクとリターンが相応かという点等を浮き彫りにするのが狙いです。
銀行・証券会社にとってみれば、販売会社である銀行・証券会社が「変…

引用元の詳しい内容はこちら

国債相場操縦、30分で158億円取引 損失回復目的か:朝日新聞デジタル

証券大手の三菱UFJモルガン・スタンレー証券(東京都千代田区)の社員が昨年8月、日本の長期国債の先物取引で不正に価格を操作したとして、証券取引等監視委員会は29日、金融商品取引法違反(相場操縦)の疑いで、同社に課徴金約2億1800万円の納付を命じるよう金融庁に勧告し、発表した。監視委によると、国…

引用元の詳しい内容はこちら

老後に必要な不労所得金額はいくらなのか – たぱぞうの米国株投資

老後に必要な不労所得金額はいくらなのか
私たち現役世代はせっせと貯蓄あるいは投資に励んでいます。人によってその目的は様々です。
子どもの学費
住宅購入資金
セミリタイア資金
老後の生活のため
このような理由の人が多いのではないでしょうか。
最終的には、すべての出費を終えたら自分たちの老後に備えるというこ…

引用元の詳しい内容はこちら

世界を57兆個の小さな区画に分割してそれぞれにユニークな名前をつけたwhat3wordsに投資が殺到 | TechCrunch Japan

what3wordsは、世界全体を57兆個の、一辺が3メートルの正方形に分割して、そのひとつひとつに3つの言葉を割り当てている。その同社がこのほど、新たな投資家3社を開示したが、それらはどれも自動車業界方面からだ。
what3wordsは木曜日(米国時間6/28)に、中国最大の自動車グループSAIC Motorのベンチャー部門と、Formu…

引用元の詳しい内容はこちら

熱量、半端ない セゾン投信ネットセミナー参加感想

熱量、半端ない!
6月28日の20時~21時
セゾン投信の「一からまなぶ!投資信託仕組講座」
ネットセミナーに参加しました。
ライブ動画とチャットで、リアルセのミナーよりも
手軽に質問できるし、その場で即答してもらえる。
これは、楽しい経験でした。
何よりも参加している人の熱量が半端ない。
皆さん、将来のお金…

引用元の詳しい内容はこちら

Anaconda環境でPyTorch 〜株価分析〜 #01 環境構築編

はじめに
株式会社クリエイスのモトキです。
突然ですが、PyTorchなるものを知ったので
「何も知らない自分がディープラーニングできちゃうのか」挑戦してみたいと思います。
別チーム
別チームでもPyTorchの記事を書いているようです。
曽宮・モトキ「AI?それっておいしいんですか?」
こう紹介されていますが、間違っ…

引用元の詳しい内容はこちら

ニュースと失敗談で知る不動産投資の不都合な真実と罠に陥らないための方法

いかがわしいものだって話もあるけど、不動産投資って実際のところどうなんだろう?
素朴な疑問を持ってあなたは今、情報収集をされているのもかもしれません。
あるいは職場にかかってきた強引な営業に疑いを持って、検索窓を開いているのではないでしょうか。
不動産投資の世界に28年間、身を置いてきた私たちが断言し…

引用元の詳しい内容はこちら

「節税保険」実態解明へ 金融庁、商品設計を問題視:朝日新聞デジタル

生命保険各社が「節税」をアピールして中小企業経営者に売り込む保険について、金融庁が商品の設計などを問題視し、実態調査に乗り出した。保険料支払いで課税所得を減らし、将来解約すれば保険料の多くが戻って節税効果を上げる商品。最近は保険会社の営業が過熱しており、金融庁は保険の趣旨を逸脱するおそれがないか…

引用元の詳しい内容はこちら