為替や株価が「理論通りに動かない…」と嘆く人に伝えたいこと(安達 誠司) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

「7割当たる人」など存在しない 最近、講演会などで話をした後に、個々の聴衆の方からいろいろな質問を個別に受けることが多いが、その中でも割と多いのが、「いろんな商品に投資しているが、誰の予想がよく当たりますか?」というものだ。 この質問に対して、まず筆者は、『「よく当たる」というのは、どの程度の確率で当たることを意味しているのですか?』と逆に質問させていただく(質問に対して質問を返すのはよくないこと…

引用元の詳しい内容はこちら