ビル・ミッチェル「自然利子率は「ゼロ」だ!」(2009年8月30日) — 経済学101

Bill Mitchell , “ The natural rate of interest is zero! “, Bill Mitchell – billy blog, August 30, 2009. メディアでは、オーストラリア準備銀行(RBA)が2009年末に利上げするだろうということがやかましく報じられている。失業と不完全雇用がまだ増加しており、雇用成長率が利上げ時点でゼロを超えるかど…

引用元の詳しい内容はこちら

政府系金融の「民業圧迫」、異例の調査 会計検査院  :日本経済新聞

会計検査院が政府系金融機関による「民業圧迫」の調査に乗り出した。全国500超の銀行など民間金融機関から情報を集め、実態を解明する。政府系の商工組合中央金庫(商工中金)で国の制度を使った不正融資が発覚したことがきっかけだ。政府系の貸出金利を安くする「利子補給」に年400億円超の財政資金が投入されている状態が適正なのかどうかを判断する。  検査院が政府系金融の「民業圧迫」について調査するのは異例。対象…

引用元の詳しい内容はこちら

転職時の給与額交渉 絶対口にしてはいけない10のこと | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

私はある大学で講演したとき、入学事務局で働く若い男性と知り合った。彼は次のように話した。 「私は1年前にこの仕事に就きました。他にも1社から内定をもらっていましたが、給与の交渉で失敗しました。今の仕事の方が自分には合っていたので良いのですが──」。私は「どんな交渉をしたのか、ぜひ教えてください」と言った。 若者は次のように話した。「この会社からは、現職とほぼ同額の5万2000ドル(約550万円)を…

引用元の詳しい内容はこちら

ccxtを使って裁定取引botを作ってみたらなぜか虚しくなった件 – Qiita

数か月前から裁定取引botを作って運用しているのですが、今は各取引所のAPIごとのライブラリを利用しています。 bot製作者なら分かると思いますが、取引所ごとにAPIの仕様ってけっこう違っているので、複数のライブラリを使うのってけっこう大変です。 ccxtというライブラリが複数の取引所に対応しているらしく、さっそく使ってみたいと思います。 公式ページは以下 https://github.com/c…

引用元の詳しい内容はこちら

コインチェック社、消費者補償の具体的指針がないままみずほと伊藤忠が救済か(山本一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

事件発生から一か月が経過したコインチェック社の多額の暗号通貨流出問題は、顧客の預かり資産や相場下落に対する補償の方針も打ち出されないまま現在に至っております。そんな中、コインチェック被害弁護団が取締役の和田晃一良さん、大塚雄介さんら、および監査役の佐俣安理さんも含めて総額4億円を超える訴訟を起こす会見を行っています。 NEM流出で顧客ら、コインチェックを提訴 (読売新聞 18/2/27) 一方で、…

引用元の詳しい内容はこちら

つみたてNISAが「よくできている」4つの理由 | 山崎元のマルチスコープ | ダイヤモンド・オンライン

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。 山崎元のマルチスコープ 旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。 バックナンバー一覧 急拡大す…

引用元の詳しい内容はこちら

億万長者ウォーレン・バフェットがAppleの株を買い増す理由 – iPhone Mania

  iPhoneの売れ行きが今後どうなるのかは誰にも分かりませんが、少なくとも株の取り引きで世界的な大富豪になった投資家ウォーレン・バフェットは、Appleの未来が今後も非常に明るいと考えているようです。 Appleのエコシステムが強力だから ウォーレン・バフェット氏が経営するBerkshire Hathawayは、2017年において最もAppleの株を買い増したそうです。保有高別でみると、App…

引用元の詳しい内容はこちら

ファミコンで株を学んだ男が資産15億円を達成するまでの道のり | ハーバービジネスオンライン

名だたる億超え投資家たちも一目おく凄腕投資家として知られる、横這勝利氏。爆上げ銘柄やTOB銘柄を次々的中させ、資産は激増。昨年15億円を突破した。どうやってここまで上り詰め、今、どんな銘柄に注目しているか。取材班がむりやり聞き出した。 資産15億円突破! 横這氏の栄光の軌跡を振り返る 『 エンスパ’17年夏号 』で紹介した銘柄から2.4倍高も登場。次々と爆上げ銘柄を的中させる“自由億”トレーダーの…

引用元の詳しい内容はこちら

20年後のIt’s Baaack・その3 – himaginaryの日記

昨日エントリ ではクルーグマンの1998年のモデルの4つの予言を紹介したが、そのうちの財政乗数に関する4番目の予言に対しては、反ケインジアン陣営から以下の3つの反論があったという。 セーの法則を持ち出す 所得は支出されなければならないのだから、公共投資の増加は定義により必ず同量の民間支出をクラウドアウトする、と主張 *1 。 リカードの等価性は政府支出乗数がゼロであることを意味する、と主張 *2 …

引用元の詳しい内容はこちら

20年後のIt’s Baaack・その2 – himaginaryの日記

昨日 紹介したクルーグマンの小論は以下の文から始まっている。 This paper is an exercise in self-indulgence and self-aggrandizement. (拙訳) 本稿は自己満足と自分の研究の誇張の試みである。 そして、これを書いた目的について以下のように述べている。 What I want to ask in this paper is how g…

引用元の詳しい内容はこちら