視点:「白いブラックスワン」飛来、2018年3万円の現実味=武者陵司氏 | ロイター

1月4日、武者リサーチの武者陵司代表は、2018年の日本株相場は潮目の大転換の年となり、日経平均のフェアバリュー(適正値)下限である3万円をうかがう展開が期待できると予想。東京証券取引所で4日撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon) [東京 4日] – 2018年の日本株相場は、潮目の大転換の年となり、日経平均のフェアバリュー(適正値)下限である3万円をうかがう展開が期待できると…

引用元の詳しい内容はこちら