ノーベル賞受賞経済学者ロバート・シラー氏、「ビットコインは100年かかっても崩壊する」

2013年にノーベル経済学賞を受賞した経済学者ロバート・シラー氏は「ビットコインバブルは100年続くかもしれないが必ず崩壊する」とCNBCに語った。 彼は17世紀のオランダのチューリップバブルを引き合いにバブルはどこにでも存在すると話した。 価値観があるという共通のコンセンサスがなければ、価値はない。ゴールドは、人々が投資として見なくても、少なくともある程度の価値がある。 彼は昨年10月、CNBC…

引用元の詳しい内容はこちら

仮想通貨とオートサーフ

この1,2か月、仮想通貨界隈の盛り上がりと、暴落後の阿鼻叫喚を眺めながら、不思議な既視感にとらわれていた。 10年以上前、 オートサーフ が流行し、急速に凋落した頃の雰囲気にそっくりだったからだ。2005年から2006年頃にかけての話だ。 オートサーフとはなにかというと、 インターネット界隈で、オートサーフは、広告を掲載したウェブサイトをウェブブラウザー上で回転させるトラフィックエクスチェンジのこ…

引用元の詳しい内容はこちら

勘で話を合わせるのもそろそろ限界な人のための「ビットコイン」「ICOトークン」の喩え : 市況かぶ全力2階建

初期組:天才 成海組:秀才 出川組:英才 ローラ組:偉才 これから凡人がいっぱいくる まだまだ俺ら勝ち組やで pic.twitter.com/353EjceYDe — みやっち (@tensiboshu) 2018年1月17日 仮想通貨もルール無用のなんでもアリな世界から、金融庁による登録制の適用開始やマルチ仮想通貨のクローバーコインの業務停止命令とか、だんだんと環境が整ってきている。ビットフライ…

引用元の詳しい内容はこちら

つみたてNISAで迷う人たち – たぱぞうの米国株投資

2018 – 01 – 20 つみたてNISAで迷う人たち 投資のヒント 投資のヒント-投資信託 スポンサーリンク つみたてNISAにすべきか多くの人が迷っている つみたてNISAか一般NISAか迷う 迷わずつみたてNISAが良いです。 つみたてNISAにすべきか多くの人が迷っている つみたてNISAが始まりましたが、選択肢が増えたことにより、多くの投資家さんに「迷い」が生じているように思います。…

引用元の詳しい内容はこちら

PCは粉々、壁はボコボコ…… 仮想通貨の暴落で絶望する韓国の投資家たち | BUSINESS INSIDER JAPAN

韓国では、仮想通貨の取り引きが盛んだ。 だからこそ、韓国政府が打ち出した仮想通貨の取引所の閉鎖方針に 、世界の市場が反応した。 韓国国内では、22万人以上がオンラインの嘆願書に署名し、「夢」を奪うなと訴えている。 「韓国では、自分で家を買うのは難しい。どうすれば買えるのかすら分からない」嘆願書は言う。「どうしたらやりたいことをやりながら生活していけるのか、分からない」 一部で「仮想通貨の 大虐殺 …

引用元の詳しい内容はこちら

「伝説の七大投資家」「カリスマ投資家の教え」と仮装通貨バブル – あざなえるなわのごとし

2018 – 01 – 19 「伝説の七大投資家」「カリスマ投資家の教え」と仮装通貨バブル まとめ 経済 読書 投信や株など投資は以前(ライブドアショックより前)からやってる。 バリューな長期保有が基本(一応、トータルプラスですよ)。 勉強がてら今まであまり読まなかった投資家の本を読んでみようかと思ったが、定番「スノーボール」や「マーケットの魔術師」を読むほどの時間もない。 そこでさくっと読めそう…

引用元の詳しい内容はこちら

出会い系で仮想通貨詐欺が増加している件(出会い系サイト・アプリ) – JESTY

2017年にはビットコインの価格が20倍になったかと思えば、たった1日で3割減になったりと乱高下の激しい仮想通貨ですが、その勢いは留まることを知らず、なんと出会い系サイト内でも仮想通貨に関する詐欺が増加しているようです。 出会い系に潜む仮想通貨詐欺アカウントのプロフィール内容 サトシ・ナカモトの知り合いだと言い張る ビットコインはサトシ・ナカモトと名乗る謎の人物によって発明されましたが、論文は英語…

引用元の詳しい内容はこちら

ビットコイン・コミュニティで当然のように使われる「伝わらない仮想通貨用語」7選 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

ビットコイン(bitcoin)、ブロックチェーンの総合ニュースメディアです。業界最速、最先端の技術、プロジェクト、規制、相場などを紹介します。仮想通貨の世界ではただでさえよくわからない技術用語が並ぶ上、コミュニティ内でしか通じないようなスラング(俗語)がたくさんあります。最近では「億り人」が脚光を浴びましたが、これは株式市場で使われていたのが元ネタですし、「投資で1億円以上の資産を形成したのかな?…

引用元の詳しい内容はこちら

「300万円を2年で10億にした」投資テク (プレジデントオンライン) – Yahoo!ニュース

300万円の元手で投資を始め、わずか2年で資産10億円を突破したカリスマ投資家がいます。投資家でもあり経営者でもあるproselectorさんは、Twitterなどで投資テクニックを公開しています。特徴は「逆張り」。どんな考え方で投資をしているのか。本人に聞きました――。 ※本稿は、投資術研究会編『カリスマ投資家たちの株式投資術』(KADOKAWA)を一部再編集したものです。 ■その「情報」が出て…

引用元の詳しい内容はこちら