日銀・黒田総裁を悩ませる「あの政策」実施のタイミング(安達 誠司) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

出口政策は慎重に 筆者は日銀が「出口政策」のあり方を議論するのはまだ早いと考えている。 日本は、これからデフレ脱却に向けていよいよ正念場という局面に入ってくると思われる。このような局面でやるべきはインフレ目標政策に対するコミットメントをもう一度強化することであって、出口政策の話をすることではないと考える。あまりに拙速に出口政策の議論をしてしまうと、経済やマーケットにむしろ逆効果ではないかと考える。…

引用元の詳しい内容はこちら