焦点:東芝の巨額増資、GS独り勝ちの衝撃 新たな火種警戒も | ロイター

[東京 27日 ロイター] – 東芝( 6502.T )による6000億円の第三者割当増資は、ゴールドマン・サックス証券(GS)がアドバイザーの座を獲得、先を越された日系証券各社に衝撃が走った。上場廃止の瀬戸際という難条件の資金調達を可能にしたのは、海外投資家を一気に集めたGSならではの展開力だった。 11月28日、東芝による6000億円の第三者割当増資は、ゴールドマン・サックス証券(GS)がアド…

引用元の詳しい内容はこちら