焦点:日銀総裁が金融緩和限界論、さらなる利下げけん制の見方も | ロイター

[東京 16日 ロイター] – 日銀の黒田東彦総裁が、利下げによる金融緩和が金融機関の収益悪化を通じてかえって金融引き締め効果をもたらすとの議論に言及し、市場関係者の注目を集めている。さらなる追加緩和の効果は限定的として市場をけん制することが狙いとの見方が多いが、将来的な超低金利の調整を見据えた地ならしとの思惑も出ている。 11月16日、日銀の黒田東彦総裁が、利下げによる金融緩和が金融機関の収益悪…

引用元の詳しい内容はこちら