日本の貸金の盛衰~貨幣と貸金の歴史②消費者金融の前身の最高金利は109.5%?

貨幣と貸金の誕生(貨幣と貸金の歴史①) では日本や世界の貨幣や貨幣ができる前の貸付についてみてきました。 今回は鎌倉時代の土倉や質屋の金利やシステム、サラ金を経ての消費者金融の発展について詳しく見ていきましょう。 日本の貸金業は、平安時代末期から室町時代にかけて大きく発展しました。貨幣経済の浸透にともない、「お金を貸す」という行為が貴族や武士の間に広まっていったのです。 土倉の登場 日本の貸金業の…

引用元の詳しい内容はこちら