東芝、WD選定という「自殺行為」で最終局面突入か…半導体事業売却できず上場廃止が農耕 | ビジネスジャーナル

記者会見で決算発表再延期を陳謝する東芝の綱川智社長(ロイター/アフロ) 東芝は8月31日の取締役会で、半導体子会社の 東芝メモリ売却 に関し、米 ウエスタンデジタル (WD)に独占交渉権を与えるかどうかの議案を諮る。社外取締役が初めて存在感を発揮するかどうかに注目だ。 独占交渉権は法的拘束力があり、優先交渉権とはわけが違う。独占交渉権を与えれば、WD陣営以外の相手と一定期間、交渉ができなくなる。そ…

引用元の詳しい内容はこちら