スコット・サムナー「賃金の伸びが遅い? 説明すべき謎なんてないよ」 — 経済学101

[Scott Sumner, “ Slow wage growth? There’s no mystery to explain ,” Money Illusion, August 28, 2017] 『エコノミスト』誌 から: 2007年序盤も,最近と同じくらいアメリカの失業率は低かった.当時,賃金は年率およそ 3.5% で成長していた.今日の賃金の伸びは約 2.5% だ.これに経済学者は首をか…

引用元の詳しい内容はこちら