個人投資家にとって、最も望ましい金融商品は「ETF」 である。 | 賢い投資家は、なぜETFを買うのか? | ダイヤモンド・オンライン

投資先進国の米国で、今最も注目を浴びている商品がETF(上場投資信託)です。米国ではETFが年率2ケタの成長率で伸びており、現在の純資産残高は280兆円。これは、日本のETF市場の14倍超。(1)コストを抑えた運用ができる、(2)リアルタイム取引ができる、(3)指値・成り行き注文ができる等、多くのメリットがあるETFですが、まだ日本の個人投資家にとってはなじみのある商品とはいえません。その理由は、…

引用元の詳しい内容はこちら