発電「ガス・再生エネ」2強時代 原子力苦境に (写真=ロイター) :日本経済新聞

電源の「主役交代」を象徴する事例が相次いでいる。30日には米国で大事故を起こしたスリーマイル島原子力発電所の閉鎖が決定。コストが安いシェールガスを燃料に使う火力発電に押され、先進国では原発の競争力が低下している。一方、一時は停滞した太陽光発電所は息を吹き返してきた。電源ではガスと再生可能エネルギーの2強時代がやってきている。 ■ シェール革命で苦境に陥る原子力  スリーマイル島原発は1979年に米…

引用元の詳しい内容はこちら

オイシックスの新社名オイシックスドット大地、ふざけた社名の上場企業ランキングで上位にランクイン : 市況かぶ全力2階建

オイシックスドット大地wwwドメイン名かよwww — maisonkayser.bot (@rockhound_) 2017年5月29日 2017/05/29 15:00 オイシックス 当社連結子会社の吸収合併及び商号の変更並びに定款の一部変更に関するお知らせ https://www.oisix.co.jp/investors/ir_ibrary/press/ 大地ックスにしたらよかったのに — …

引用元の詳しい内容はこちら

ライフネット生命の岩瀬大輔社長、恥も外聞もかなぐり捨ててFacebookでお願い営業 : 市況かぶ全力2階建

【入 社1年目の教科書】1. 何があっても遅刻はするな/会議にはペンとノートを手に一番乗りしよう。電車は遅れると思って余裕をみて行動。歓迎会の翌朝こそいつもより早い出社を心が ける。大切な予定の前夜は熱い風呂につかろう。最初の1ヶ月で「安心して任せられる」と信頼される新人を目指そう。 — ライフネット生命社長 岩瀬大輔 (@totodaisuke) 2017年4月2日 入社後1ヶ月で「安心して任せ…

引用元の詳しい内容はこちら

大前研一「FinTechの本質。新しい『信用』のルールが経済を数倍に拡大する」 | JBpress(日本ビジネスプレス)

【連載第3回】 「インターネットの次に来る革命」が、世間をにぎわせています。FinTech、位置情報、そして、IoT。「テクノロジー4.0」と称される現在のテクノロジーは、ビジネスモデルや経済のあり様を変えていきます。テクノロジー4.0にはどんな利点があり、今後どのようなビジネスが生まれてくるのでしょうか。 (前回の記事「テクノロジー4.0が生む『新しい格差』。得するのは誰か」は こちら 国家に代…

引用元の詳しい内容はこちら

仮想通貨のゴーレムとは?特徴や内容を紹介! | ビットコイン予備校でハイプを学ぶ

昨今、ブロックチェーンの技術は、 仮想通貨だけでなく様々な業種で活用されています。   中央集権的な構造による問題点を解決する為に、 ゴーレムという仮想通貨 が存在します。   そこで今回は、 仮想通貨ゴーレムの、 特徴や内容を紹介 します。 あまり聞き慣れていないですよね。   これから耳にする機会が増えるかもしれません。   それでは早速、 仮想通貨ゴーレムの特徴や内容 を、 紹介していきます…

引用元の詳しい内容はこちら

1000万円を貯めるにはどうすればいい? 無理せず現実的にお金が貯まる、4つの習慣 | ダ・ヴィンチニュース

『 一生お金に困らない! お金がどんどん増える本 』(日経WOMAN:編/日経BP社) 「貯蓄1000万円なんて、絶対無理」と思い込んでいる女性必見の『 一生お金に困らない! お金がどんどん増える本 』(日経WOMAN:編/日経BP社)。本書は「忙しい人も今すぐできる貯めワザ」や「老後破産しないお金の新ルール」など、お金の不安を解消し、貯蓄するための方法が「身近に」紹介されている一冊だ。 「身近に…

引用元の詳しい内容はこちら

日本の未公開ベンチャー、資金調達総額が2000億円を突破——1社当たり調達金額が大型化 | TechCrunch Japan

日本の未公開ベンチャー企業による資金調達の総額が、2016年の1年間で2000億円を突破し、2006年以降で最高額となったことが、 ジャパンベンチャーリサーチ (JVR)による集計で明らかとなった。 2006年から2013年まで下降・低迷していた未公開企業の資金調達総額だが、2014年以降は増加に転向。2014年は1390億円、2015年は1716億円となり、2016年にはさらに増加の勢いが加速し…

引用元の詳しい内容はこちら

長らく停滞していた新興国経済に、復活の兆しが!新興国と関係の深く、直近の好業績で注目を集める「キャタピラー」と「ディーア」の決算内容を解説!|世界投資へのパスポート|ザイ

トップ > 連載コラム > 世界投資へのパスポート > 長らく停滞していた新興国経済に、復活の兆しが!新興国と関係の深く、直近の好業績で注目を集める「キャタピラー」と「ディーア」の決算内容を解説! 広瀬隆雄 ひろせ・たかお 三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツL…

引用元の詳しい内容はこちら

アマゾンと急成長する物流ベンチャーの正体 | 卸売・物流・商社 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

アマゾンを筆頭とするインターネット通販(EC)の荷物の急膨張に宅配業者が悲鳴を上げている。最大手のヤマト運輸はたまらず、受け入れ荷物の抑制を検討するなど、宅配業者とアマゾンの対立構図が浮き彫りになっている。そんな中、アマゾンとのビジネスで急成長を遂げている会社がある。大阪に本社を構え、3月に東証マザーズに上場したファイズだ。 荷物が増え外部委託費が膨張し営業利益が半減したヤマトを尻目に、ファイズは…

引用元の詳しい内容はこちら

【専門家記事】「世帯貯蓄平均額が過去最高1,820万円」。このニュースの意味するところとは? – ライフ | みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

世帯貯蓄は家計の余裕度を表している? ずば抜けた世帯貯蓄の人が率いる統計に心を乱されないこと 世帯貯蓄において大事なのは「人は人。自分は自分という考え方。」 世帯貯蓄に関するアドバイスの取り扱い方法 「世帯貯蓄平均額が過去最高1,820万円」。このニュースの意味するところとは?のまとめ FPの相談に載っているなかでよく耳にするのが「お金ってどこにあるのでしょうね」という言葉です。毎月収支を気にして…

引用元の詳しい内容はこちら