ついにメガバンクが「更新系API」を提供開始、マネーフォワードが経費精算振込で連携一番乗り | TechCrunch Japan

家計簿アプリや法人向けクラウド会計を提供する マネーフォワード が「更新系API」と呼ばれる枠組みを使ってメガバンクの振り込みを外部サービスから行う機能を実装したことを発表した。 具体的には、みずほ銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行の3行に対して、マネーフォワードが提供する「 MFクラウド経費 」から振込処理を完結する機能。これまでにもMFクラウド経費における経費精算のワークフローでは振込を…

引用元の詳しい内容はこちら