銀行システムのバグ悪用して“預金操作”、11億円詐取 三井住友銀元副支店長、若い愛人に億ションプレゼント (1/4) – ITmedia ニュース

銀行システムのバグ悪用して“預金操作”、11億円詐取 三井住友銀元副支店長、若い愛人に億ションプレゼント (1/4) 銀行システムの穴を突き、現金をかすめ取っていた三井住友銀行の元行員の男。顧客の預金は、数字の操作によって愛人のマンションと子供の教育費に消えていった。 誰しも一度は考えたことがあるだろう。預金通帳の残高に「0」を加えられないか、と。銀行システムの穴を突き、それと大して違わない方法で…

引用元の詳しい内容はこちら

<日銀>視界不良「黒田流」…物価2%目標 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

日銀の2%の物価上昇目標が黒田東彦総裁の任期中に達成できない見通しになったことは、強気の目標をぶち上げて人々のデフレ意識払拭(ふっしょく)を目指した「黒田流」の手法が、名実共に壁に突き当たったことを意味する。日銀は1日の金融政策決定会合で追加緩和を見送り、目標達成に向けて短期決戦から持久戦への転換を鮮明にしたが、日銀に対する世間の期待感は大きく後退しているのが実情だ。【坂井隆之、安藤大介】 ◇追加…

引用元の詳しい内容はこちら

外国人が日本株を「買い続ける」ための条件 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

普通は「外国人投資家の買い」は長く続かない 日本株が底堅い動きを続けている。クリントン候補の支持率低下が伝わったにもかかわらず、10月末の日経平均株価は1万7400円台をキープした(10月31日の終値は1万7425円)。理由は外国人投資家の買いが続いていることだ。東京証券取引所が10月27日に発表した「投資部門別の売買高」(原則毎週第4営業日にその1週前の状況がわかる)によると、10月の第3週目も…

引用元の詳しい内容はこちら

原油価格競争の勝者と敗者 嵐をしのいだ米シェール業者、シェア拡大を手放しで喜べないOPEC | JBpress(日本ビジネスプレス)

米テキサス州スウィートウォーターにある原油採掘機(2016年1月19日撮影、資料写真)。(c)AFP/Getty Images/Spencer Platt 〔 AFPBB News 〕 石油輸出国機構(OPEC)が原油の減産を決めたことで、2年に及ぶ価格競争の最大の勝者は米国のシェールオイル業界だと宣言する向きが多くなっている。 井戸を数多く掘ってきたシェールオイルの採掘業者は、1バレル40ドルと…

引用元の詳しい内容はこちら

今後10年は高配当を維持できそうな5銘柄を紹介!2万~5万円台で投資でき、配当余力の現金も豊富、しかも増配まで期待できそうな高配当銘柄を狙え!|ダイヤモンドZAi最新記事|ザイ・オ

現在発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の大特集は「勝てる5万円株投資」。この特集の中では値上がり益が期待できる銘柄はもちろん、株主優待名人・桐谷さんが厳選した株主優待銘柄、さらに高配当銘柄など、さまざまな理由で利益を得られそうな「5万円株」を掲載している。 そんな「勝てる!5万円株投資」特集の中から、今後10年間は高配当を維持できる可能性が高いだけでなく、増配も期待できそうな「5万円株」を5銘柄紹…

引用元の詳しい内容はこちら