日本株がしばらく上昇も下落もしにくい理由 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

9月26日の日経平均株価は続落して終わりました。9月21日に決定された日本銀行の「金融政策の新しい枠組み」の評価がなお揺れ動いていることによるものだと思われます。21日の日銀の決定後、日経平均株価は315円高になったわけですが、それほどの評価に値するものであったかどうか疑念も生じていると思われます。 金融緩和の限界は明らか、日本株に上昇の余地はある? 日銀の「総括」が外部環境を言いわけにしたものに…

引用元の詳しい内容はこちら