ドットコムバブルから学んだ、仮想通貨バブルへの教訓 | ビットコイン研究所

私は、98年〜2000年のドットコムバブルをまさにプレイヤーとして体験しました。起業家としてドットコム企業を仲間と設立しその一部始終を体験しました。株式投資にも手を出し、マザーズ銘柄などを取引する中で、自身も大火傷をしました。
その時の経験から、今回の仮想通貨バブルへ教訓があるとすれば、次のような…

引用元の詳しい内容はこちら

安倍政権の「GPIF運用、10兆円黒字」で問われる野党の批判能力(磯山 友幸) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

株価好調で年金大もうけ
国民の年金資産を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が2017年度に10兆円を超える運用益を稼ぎ出した。
7月6日にGPIFが発表した業務概況書によると、2017年度の運用収益は10兆810億円に達し、利回りは6.9%となった。この結果、期末の運用資産残高は156兆円3832億円になった。
2001…

引用元の詳しい内容はこちら

「傷だらけの地銀」と付き合う際に警戒すべき3つのリスク | 山崎元のマルチスコープ | ダイヤモンド・オンライン

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。
山崎元のマルチスコープ
旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言う…

引用元の詳しい内容はこちら

ユダヤ陰謀論かぶれの本田圭佑さん、ウィル・スミスさんと「ドリーマーズ・ファンド」を立ち上げ : 市況かぶ全力2階建

ケイスケホンダとウィルスミスのVC、ベンチャー投資そのものが消費の対象になった感ある。
— ボヘカラ (@BOHE_BABE) 2018年7月18日
本田がアメリカ株中心の投資ファンド設立w これはフラグを感じる
— タケ (@serotape_take) 2018年7月17日
タレントだのスポーツ選手だのわけわからん素人看板にしているようなもんに金…

引用元の詳しい内容はこちら

Runtrip 株式投資型クラウドファンディング案件 | Appスマポ

Runtripは2017年12月にエメラダ・エクイティを通して株式投資型クラウドファンディングで資金を集めたサービスです。 ランニング関係のサービスを展開していて ラントリップ | Runtrip アプリ連動型ランイベント- Runtrip via – ラントリップマガジン | RuntripMagazine ラントリップストア | Runtrip Store などがあり…

引用元の詳しい内容はこちら

CNN.co.jp : アマゾンCEOの総資産、史上最高の17兆円に

米アマゾンのベゾスCEOの資産総額が過去最高を更新/Drew Angerer/Getty Images North America/Getty Images
ニューヨーク(CNNMoney) 米経済誌フォーブスの世界長者番付でトップに立つ米アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の資産総額は16日、1500億ドル(約16兆9000億円)を突破…

引用元の詳しい内容はこちら

CNN.co.jp : アマゾンCEOの総資産、史上最高の17兆円に

米アマゾンのベゾスCEOの資産総額が過去最高を更新/Drew Angerer/Getty Images North America/Getty Images
ニューヨーク(CNNMoney) 米経済誌フォーブスの世界長者番付でトップに立つ米アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の資産総額は16日、1500億ドル(約16兆9000億円)を突破…

引用元の詳しい内容はこちら

株式トレード歴9年の私がおすすめする投資力がアップするツイッター26選

高校在学中に実店舗とネットで商業活動を始め経済に目覚める。大学入学後に株式投資を開始。卒業後は専業投資家を経験。現在はマクロ経済分析を基に国内外の株式投資を行う兼業投資家。得意な運用手法は、割安な銘柄を買う「バリュー投資」と成長性を重視した「グロース投資」、時代の変化に着目した「パラダイムシフト…

引用元の詳しい内容はこちら

リーマン危機の芽摘めず 08年1~6月日銀議事録  :日本経済新聞

日銀は17日、2008年1~6月の金融政策決定会合の議事録を公開した。米サブプライムローン問題について、白川方明総裁(肩書は当時、以下同じ)は6月会合で「たぶん、危機、最悪期は去ったのだろうと思う」と発言。資源高に伴うインフレ懸念から利上げを検討すべきだとの声すら出ていた。後のリーマン・ショックの想定…

引用元の詳しい内容はこちら

リーマン危機の芽摘めず 08年1~6月日銀議事録  :日本経済新聞

日銀は17日、2008年1~6月の金融政策決定会合の議事録を公開した。米サブプライムローン問題について、白川方明総裁(肩書は当時、以下同じ)は6月会合で「たぶん、危機、最悪期は去ったのだろうと思う」と発言。資源高に伴うインフレ懸念から利上げを検討すべきだとの声すら出ていた。後のリーマン・ショックの想定…

引用元の詳しい内容はこちら

FXや株に関する情報を集めてまとめています。